« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の4件の記事

2010年6月27日 (日)

「はやぶさ」を打ち上げた固体燃料ロケットM(ミュー)-V(5型)ロケットはもう飛ばない

小惑星探査機の「はやぶさ」は、見事予定地点であるオーストラリア大陸内陸部にカプセルを帰還させた。史上初の快挙ということだ。

この探査機「はやぶさ」を打ち上げたのは、現在JAXAの主流である液体燃料ロケットH-ⅡAではなく、当時現役だった固体燃料ロケットのM-Vだったのだということが、JAXA相模原キャンパスの展示に書かれていた。

P5020085

私の少年時代、λ(ラムダ)、κ(カッパ)という型式のロケットが打ち上げられていた記憶があるので、μ(ミュー、M)はその後継機であるようだ。「いとかわ」の名前の元になった糸川博士のペンシルロケットなどがその先祖にあたるらしい。固体燃料ロケットは、液体燃料ロケットのように発射直前に燃料の注入作業が不要ということで、準備しておけばいつでも飛ばせるという意味で軍事用としてICBMにも転用可能ということで、なかなかきな臭いものでもあるようで、H-ⅡAが順調に打ち上げを成功させている陰で、開発中止の憂き目にあってしまったようだ。これには、予算面だけでなく、JAXAという様々な宇宙開発機関の寄せ集め集団内の勢力争いやビジネス上のライバル関係(三菱重工とNEC/東芝)のようなものも関っているというような話もあるようだ。

非軍事利用の固体ロケットの技術は、世界でも稀有のものだが、このことによってその技術が日本からは失われてしまうかも知れないという。

P5020079

P5023300

「はやぶさ」のカプセルが、先日封を開かれたが、中には1mm以上の砂粒は残念ながら入っていなかったようだが、なんらかの揮発性ガスが入っていたのが確かめられたという。これが地球由来のものか、小惑星「いとかわ」由来のものかはまだ確定できないという。数ヶ月掛けて、確認作業を行うようだが、ほんのわずかでも「いとかわ」の物質が持ち帰られていればさらに素晴らしいことだろう。

例の「仕分人」によって、「はやぶさ」2の開発予算は大幅に削られていたというのだが、今回の帰還によって予算が復活されるかも知れないというニュースも伝わってきた。素人集団である「仕分け人」のポピュリズム的な底の浅さ、表面的な皮相な活動を象徴するような出来事だった。

追記:2013/8/26

後継機イプシロンが明日8/27 内の浦から発射される予定。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20130821/252485/?P=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

Windows XP の長年のアップデートの蓄積による重さを解消する

Wikipedia によると Microsoft Windows XP は、2009年現在最も利用者の多いOperating System だという。

簡単に振り返ってみると、初版が発売されたのが2001年で、2009年をもって発売が終了されたのだが、マイクロソフトのライフサイクルに基づき、下記のように2014年4月8日まではサポートされるという。

● Windows XP Windows XP Service Pack 3 (SP3)

Windows XP の最新のサービスパックである Windows XP SP3 の説明、入手方法などは、こちらのリンク先をご参照ください。
Windows XP SP3 は、次のサービスパックがリリースされた日より 24 ヶ月間、もしくは製品のサポートライフサイクルの終了日までのいずれか早いほうがサポートの対象となります。
製品のサポートライフサイクルの終了日は、2014 年 4 月 8 日 (米国時間) です。

サービスパック(SP)は、元のバージョンに大幅に変更を加えたバージョンのことのようで、XPのSP3の完成は2008/04/21となるため、サポートも2014年までになるらしい。それでも2001年から数えると13年間もサポートされるというわけで、初期のSPなし版から使っていれば、その間にPCに溜まった更新情報も膨大なものになる。

C:\WINDOWS\$hf_mig$  は隠しファイルだが、フォルダ設定で隠しファイルを見えるようにして中身を見てみると 880 MB (922,767,360 バイト)もの容量があり、このPCを買って以来の255フォルダもの更新情報を蓄積されているのを見るとよく分かる。

このフォルダ自体は、特にアクセス権や所有権で保護されていないため、削除することも可能だが、問題があるという意見もあり、慎重に扱ったほうがよさそうだ。

これは、ディスクの容量に余裕があればそのままにしておいても問題ないのだが、ほぼ毎日MSサイトにアクセスしている Windows Update というプログラムが、どうもXPの動作に大きな影響を与えるようだというのが、最近わかってきた。タスクマネージャのプロセスで時々動いている wuauclt.exe が、その正体だ。

これは自動的に起動、動作されるようにセットされており、動き自体を制御することはできないようなのだが、そのプログラムがアクセスする先の SoftwareDistribution というフォルダ内の DataStore フォルダ(内の DataStore.edb というWindows Update または自動更新データベース ファイル)を削除してやることで、相当動作の遅さが改善されるようだ。

ネット上には、このデータベースファイル及び SoftwareDistribution というフォルダ全体のリネームとしばらく後のそのリネームしたフォルダの削除について、いくつか書かれており、私も wuauclt.exe が動作しているときに、PCの動きが極端に鈍くなることについて調査して、見つけたのだった。やり方はいろいろあるようだが、まずは Automatic Updates というサービスを止めてやらないと SoftwareDistribution フォルダをいじれないので、まずそれを止め、削除なり、リネームなりを行い、再度 サービスを再開すると、自動的にSoftwareDistributionが作成されるという仕組み。

Windows XP が重いので高速化-wuauclt.exe のメモリ削減

windows起動時にPCが重たい、『wuauclt.exe』を調べてみる。メンテナンスにも有効。

より詳しくは、

Windows Update/Microsoft Updateのトラブルを解消する(SoftwareDistributionフォルダを修復する方法)  

に、この作業による副作用も含めて書かれている。

2010年4月11日 重くなったWindows XPを甦らせる(日経PC21 2010年5月号の特集記事)による効果ももちろんベースとしてはあったのだが、このWindows Update のデータベースファイルをいじることで、自宅のノートPCと仕事用のデスクトップPC両方とも顕著な効果があった。

Wise Registry Cleaner Free
http://download.cnet.com/Wise-Registry-Cleaner/3000-18512_4-10605508.html?part=dl-6288537&subj=dl&tag=button

Revo Uninstaller Free
http://www.revouninstaller.com/revo_uninstaller_free_download.html

スタートアップチェッカー
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se302214.html

Wise Disk Cleaner Free
http://www.wisecleaner.com/download.html

My Defrag
http://www.mydefrag.com/Manual-DownloadAndInstall.html

ただし、実行はあくまでも自己責任で。

なお、同様に、Thunderbird 3 の検索データベース機能(オプション-- 詳細 -- 一般 の 「グローバル検索と索引データベースを有効にする」)で作成されたデータベース C:\Documents and Settings\[windowsプロファイル名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\[一意名]\global-messages-db.sqlite も 不要なら、オプションで無効にした上で、削除してもよいようだ。

ハードウェア(CPU速度、メモリの容量)が十分ならば、このような機能も有用なのだろうが、限られた資源の場合には、あまり欲張らないほうがよろしいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

Thunderbird 3の「色化け」が改善した

そのものをインストールし直したり、Firefox も再インストールしてみたり、設定ファイルの含まれているフォルダを動かしてみたりと試行錯誤を繰り返しながら長いことThunderbird 3のアイコンの「色化け」が改善されなかった。

アドレス帳アイコンや送信ボタンが「色化け」してどのような模様か分からないほどだったが、その中で特に「色化け」が顕著だったのが、ヘルプメニューで表示される「Mozilla Thunderbirdについて」の青い羽の鳥 (Thundebird) の画像だった。

最近思いついて、Firefox の アドレスに about:config と入力すると表示される設定ファイルと同じものが、Thunderbird にあるのに気が付いた。


ツール --> オプション -->  詳細 --> 一般タブ --> 設定エディタボタンを押すと、設定ファイルが起動する(これ以降の操作は動作保証対象外となるので要注意

フィルタで color を検索表示し、gfx.color_management.mode  キー が初期値で2になっているところ、これを 0 に変更して、再起動したところあっけなく改善できたのだった。

以前Q&Aサイトで、自分の不具合と同じような「色化け」の相談があったが、そのどこにもこのようなやり方は紹介されていなかった。そこで書かれていたのは、お決まりのクリーンインストールというもの。

その後、調べてみたら、thuderbird の動作は、この設定ファイルでいろいろと操作できるようだが、テキストの自動折り返しの解除などのコントロールはどうも上手くいかないようだし、Mozilla関係のサイトにも明瞭な解説はないようだ。

(仕事用のPCでもThundebird 2ではそのような現象は起こらず、同じ3でも同僚の同じ型番の本体、LCDディスプレイでも、自分の自宅のPCでも大丈夫だったので、解決が長引いた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

小惑星「いとかわ」探査機「はやぶさ」の帰還を待つ

相模原市にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)相模原キャンパスの展示室。5月初めに見学してきた。

展示されていたのは、今話題の「はやぶさ」や、先日打ち上げられた金星探査機「あかつき」と「イカロス」などの模型のほか日本のロケット、科学衛星開発を概観できるようになっていた。

はやぶさ 
  小惑星「いとかわ」から採取した岩石(砂)の入ったカプセルを地球にこの13日に持ち帰る予定
P5023246_3

 

はやぶさの管制を担う相模原市のJAXA宇宙科学研究所は13日午後6時から、普段は公開しない管制室の様子を中継する。日本宇宙少年団などが運営する 「宇宙教育テレビ」( http://edu.jaxa.jp/yac/ )は同日午後から夜にかけて特別番組を計画している。(毎日新聞

なお、この「はやぶさ」は、アニメ映画「サマーウォーズ」で、「あらわし」として登場した。

あかつき 金星探査機
P5020066_4

あかつきに寄せられたメッセージ(漫画『宇宙兄弟』の作者 小山宙哉さんからのもの)
P5023197_3

 

イカロス(宇宙帆船)
P5023243_3

 

見学は無料(門衛所で受付)。9:45-17:30 休館日は年末年始のみ。

今、日本の宇宙開発は、熱い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »