« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の3件の記事

2010年8月21日 (土)

フルトヴェングラーの「第九」のコーダを集めたYoutubeを聴いて考えた

以前フルトヴェングラーのバイロイトの第九 1951年ライヴの新発見の録音テープのことについていくつか記事を書いたことがあった。

2007年8月22日 (水) 『レコード芸術』2007年9月号購入

特別寄稿の金子建志氏の解釈は、「バイエルン放送局盤」がゲネプロ盤で、EMI盤が本番ライヴ録音を元に編集したものではないかという一人だけ独特の解釈 をしていたのが面白かった。EMI盤では、最終楽章の終結部の「崩壊」した「事故」が演奏の特徴として初めから有名だが、それをあえて差し替えずにそのま ま残したのは、本番の記録だったからこそで、仮に本番ではアンサンブルや音程の乱れなくできたものをあのような形の「崩壊」をレコードとして発売すれば関 係者からすぐに指摘されたのではないかという推測や、EMI盤の方が金管楽器とコーラスのバランスが改善されている点などの指摘は、なかなか穿った解釈だ と思われた。

2008年10月 4日 (土) Orfeo盤 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951バイエルン放送音源)

フィナーレの最終部分は、EMI盤ほどではないが相当加速(アッチェレランド)しているけれど、最後までオーケストラは音量を失わずにアンサンブルも崩壊していない。

そしてこれが今日「発見した」フルトヴェングラーの「第九」録音のコーダの部分だけを集めた労作。

Furtwangler Beethoven 9 Coda Comparison (ALL VERSIONS)

これを聴くと、EMI盤の1951年のバイロイトの第九のようなコーダの「崩壊」自体、フルトヴェングラーとしては「解釈」「演奏様式」であったように思える。「崩壊」としてはバイロイトよりもさらに凄いものが沢山あるのだ。

そうなると、やはり、バイロイトの第九では、崩壊の程度の大きいより即興的なEMI盤の方が本番のコーダであり、バイエルン放送盤の方がその比較的整った演奏からして、ゲネプロの録音という可能性が高まるという解釈ができる。

ただ、1954年のバイロイトのゲネプロの記録が2種類収録されているが、ゲネプロであっても奔流のような即興的「解釈」は変わっていないし、2回目は途中で停止してしまっている。そしてその本番は、比較的安全運転になっているということもあるので、少し確信が揺らいでくる。

1951年のバイロイトのバイエルン放送盤の比較的整った演奏は、さすがに戦後初のバイロイト音楽祭の最初を飾るものとして慎重なゲネプロを行ったもの、とも解釈できるし、逆に、ゲネプロで音量が細くなるほど煽ったので(EMI盤)、本番では少し慎重に演奏した(バイエルン盤)とも言いえるのだ。

ところでこのバイエルン放送音源の位置づけは、日本を含めて世界的にどのような結論が出ているのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

HP nx6120 の液晶画面がとうとうブラックアウトしたので対応

先日、メモリ増設で快適なレスポンススピードになって喜んでいた2005年9月購入の愛機nx6120だが、先月の中旬あたりからディスプレイがBTOSのスタート後のログオン時になるとちらちらとし始め、ディスプレイを前後に押したり戻したりすると回復するというような現象が起きていたが、一昨日の朝、とうとうほぼ完全にブラックアウトしてしまった。うっすらとアイコンなどは見えるのだが、ポインタも満足に見えないほどになってしまった。

職場のPCで、そのような故障を調べてみると、ノートPCにはよく発生するバックライト切れか、液晶用のインバータの故障ということらしい。

液晶を専門業者から購入し、交換を自力で行うという手もあるようだが、メーカーに修理に出すと要する価格は数万円ほどになるようで、それなら廉価な新品を購入できるほどになる。こういう場合には、普通、外付けのディスプレイとキーボードを購入してノートパソコンの本体をデスクトップPCの本体のように接続することで何とか継続して使えるということなので、早速知人から余っているLCDディスプレイを借りて接続してみた。

最初のログオンのときにパスワードを入力するようになっているので、ほとんど見えないノートPCの画面を覗き込み(これができないとどうしようも無い)、何とか本体をスタートさせ、外部ディスプレイに信号を送るファンクションキーを押下すると外部ディスプレイに見慣れたデスクトップが表示された。ここでデスクトップのプロパティでディスプレイの設定などを行うがほとんどいじる必要は無かった。ノートPCはディスプレイ部を閉じるとスリープモードになるように設定しているので、それも解除した。

その時点ではまだ外部キーボードは購入してなかったので、ノートPCを開き、そのキーボードを使いながらの作業になる。

今日、家電量販店にディスプレイとキーボードを探しに行ったのだが、ディスプレイは20インチの光沢品程度しか店頭には置かれていなかったため別の店かネット購入の予定となった。店頭品はそれでも2万円弱で予想より相当安い。そしてキーボードは今驚くほど安い。今回買ったのはBUFFALOのUSBキーボードだが、何と780円だった。桁の間違いではなく、その他にも980円や1980円のキーボードが当たり前のように売られているのだ。

今USB接続してそのキーボードでこのテキストを入力しているのだが、フワフワする感触がちょっと馴れないが、言われなければとても780円のキーボードとは思えない。

まあ、しばらくこれで使いながら、しばらくしたら新しいPCを購入しようと思う。店頭には日本のメーカー品が10万円から20万円程度で売られていたが、あまりにも高いので今度もネットでのBTO購入を考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

湿度の少ない暑さが続く

この一週間は最高気温が35度Cを越えないものの、毎日33度Cほどにまで上がり、最低気温は25度Cの熱帯夜が続いている。

蒸し暑さよりも、秋が近づいたような乾いた暑さがここ数日続いているような気がする。水分は十分補給しているのだが、唇が乾いた感じになるのはそのせいでは無かろうか。

鉄道から見える畑の作物も水不足なのか、少し乾燥気味のようだ。

この春は低すぎる温度に悩まされたが、夏には高温によりまた野菜の値段が高騰しているという。

蝉の鳴き方も例年とは違い、あまりアブラゼミが元気ではなく、梅雨が明けてもしばらくは近所のお寺の森から鳴き声が聞こえてこなかった。7年間地中で暮らすという蝉だが、約7年前の天候が影響しているのか、この春の低温のせいか、よく分からない。それでも残暑も近くなりようやく鳴き声が充実してきた。ただ、ミンミンゼミの声はまだあまり聴いていない。

今日は、広島原爆の日。そして明日は早くも立秋で、明日からは残暑となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »