« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の1件の記事

2010年10月 3日 (日)

重い腰を上げ廉価なディジタルテレビに買い換える

我が家は結構テレビを見る方なのだが、このところの不況の影響などもあり、できるだけ使えるものは使い倒すという思想で、これまで1999年に購入した東芝製の21型ブラウン管テレビを騙し騙し使ってきた。

騙し騙しというのは、このテレビは、イアフォンジャックとスピーカーのあたりの作りがヤワだったらしく、イアフォンジャックがグラグラし始めたと思っているうちに、スピーカーの片側からの音が出たり出なかったりし始め、イアフォンジャックを左右に揺さぶったり、奥に強く押したりして接触の具合を変えることによってようやく音を出すというようなことをやってきた。

2年ほど前からそのままではスピーカーから音がとうとう出なくなったので、パソコン用の廉価なアクティブスピーカーを購入してつないでやることで、何とかギリギリ実用のレベルを保っていたような体たらくだった。

最近は、イアフォンジャックにつないでいるそのアクティブスピーカーからも、イアフォンジャックの機嫌によってはまともに音が出なくなってきたので、ようやく重い腰を上げて、できるだけ廉価なディジタルテレビを購入することにした。

今日、量販店に古いブラウン管テレビの処分と、持ち帰り価格でさらに安くなることが広告で謳われていた件を電話で問い合わせると、ブラウン管テレビはリサイクル料が3360円とのこと、配達料が2250円ほどかかるので、持ち帰った方がお得ということを確認して、クルマで買いに出かけてきた。

メーカーは、実家と同じ東芝で、32型のLCDのもので、フルではないハイビジョン方式。幅が80cmほど、重さは10kgほど。REGZA 32A1という型番のもの。

テレビの下部に付けるスタンドをねじ回し(ドライバー)で組み立てる程度の作業で、接続は簡単に済み、直ぐに鮮やかなディジタル放送を見ることができるようになった。

PDPが出始めた頃は、1インチ1万円を切れば庶民にも手が届くといわれていたが、今では1インチ2000円弱で、残像などはまったく気にならないほどの反応スピードのLCDが入手できるようになった。エコポイントも付いているので、それを込みで考えれば、さらに安い買い物になる。

量販店では、フルハイビジョン、バックライトがLEDタイプのもの、録画機能内蔵のもの、3D対応のものなどが10万円を越す高価で売られてはいるが、普通にテレビを見るのなら廉価で十分のようだ。むしろDVDソフトの再生や、古いビデオデッキの映像を見る場合には、あまりハイスペックで大画面のものは、古いソフトとの映像許容度的な互換性が低くなるような気がした。

これで、ようやく20世紀末の映像生活から、21世紀のそれへとステージアップしたという感じだろうか(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »