« 大寒の満月 | トップページ | 谷口江里也訳『神曲』 (ギュスターブ・ドレ挿絵) »

2011年1月22日 (土)

昨日大台に乗った

大台の誕生日になると、論語を思い出す。もちろん、孔丘先生に及びもつかず、而立できず、惑ってばかりで、ましてや天命を知るよしもない。

子曰、吾十有五而志乎(干)学、
三十而立、四十而不惑、
五十而知天命、六十而耳順、
七十而従心所欲、不踰矩。

子曰わく、吾十有五にして学に志す、
三十にして立つ、四十にして惑わず、
五十にして天命を知る、六十にして耳順がう、
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

(訳)先生が言われた。「私は十五歳で学問に志し、
三十になって独立した立場を持って、

四十になってあれこれ迷わず、
五十になって天命をわきまえ、
六十になって人のことばが素直に聞かれ、
七十になると思うままに振舞ってそれでも道を外れないようになっ
た。」
                    岩波文庫『論語 巻第一 為政第二』

鳥たちが啄ばむ冬の実りでもあり、

Sr0010123

明日もまた日は昇るの入日でもあり。

Sr0010125

|

« 大寒の満月 | トップページ | 谷口江里也訳『神曲』 (ギュスターブ・ドレ挿絵) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

50歳ですか~。人生の折り返し点に到達ですね。私の流儀で言えば、あとは1年に1歳ずつ若返るだけですね~。だから来年は49歳(^o^)/
ようやく大雪が一段落し、除雪も必要ないようですので、山形交響楽団の演奏会を楽しんできました。

投稿: narkejp | 2011年1月23日 (日) 08:58

narkejpさん、コメントありがとうございます。

知命でばれてしまいましたねー(^O^)/

いつの間にやら馬齢を重ねてしまいましたが、おっしゃる通り折り返しと考えて、気は若くでやっていきたいものです。

山形交響楽団、意欲的ですね。レポートがいつも楽しみです。

投稿: 望 岳人 | 2011年1月23日 (日) 19:46

こんにちは
ご無沙汰してます、旧姓天ぬきのパスピエです
私も今月の10日に誕生日を迎えました
望 岳人さんとは一回り違う62回目でした
今年は寒いので誕生祝いに皮のジャケットを買いました
買ってくれるような人はいないので自分で買いました(;´_`;)

余談ですがリコーのデジカメ(GXR)を買いました
沢山の機能が付いているのですが使いこなせず
四苦八苦しています

投稿: パスピエ | 2011年1月24日 (月) 16:46

パスピエさん、コメントありがとうございます。

こちらこそ御無沙汰をしており、すみませんでした。一回り歳上の丑年の先輩としてこれからもよろしくお願いします。

そちらは、富士山が裾の方までよく見えるんですね。こちらは近い割りには山頂付近がようやく見えるだけです(横浜港や江ノ島などに出ればもっとよく見えるのですが)。

RICOHのGXRを買われたとのこと。ユニット交換式というヤツですね。こちらはコンパクトデジカメですが、やはり使いこなして自分の気に入りの画像が撮れるまでには時間がかかりそうです。データがEXIF形式で残せるので、バシバシ撮影してブログアルバムとして残し始めました。

投稿: 望 岳人 | 2011年1月24日 (月) 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/50655642

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日大台に乗った:

« 大寒の満月 | トップページ | 谷口江里也訳『神曲』 (ギュスターブ・ドレ挿絵) »