« 2011-04-28Twitterまとめ | トップページ | 2011-04-30Twitterまとめ »

2011年4月30日 (土)

2011-04-29Twitterまとめ

  1. 御用学者論が喧しい。戦後は、吉田茂首相が、南原東大総長を「曲学阿世の徒」と罵ったことが有名だがhttp://www.c20.jp/1950/05yosid.html むしろこの曲学阿世は、御用学者ではないことの証明だった。震災・原発事故においてはいかに?
  2. 吉田茂の言った曲学阿世は、その当否は別として、世論に迎合して学問の真実を曲げるという意味での批判だったが、「世」には時勢のほかに、権力者の意味もある。同じ曲学阿世でも、権力者に擦り寄る学者こそが「御用学者」とされるべきではなかろうか?
  3. 市民のための環境学ガイド 安井至 もし福島第一がこんな形だったら http://www.yasuienv.net/IfFukushima.htm
  4. 市民のための環境学ガイド 安井至 母乳中のヨウ素131の検討  04.23.2011 http://www.yasuienv.net/IinMotherMilk.htm 
  5. 市民のための環境学ガイド 安井至 4700兆ベクレルのヨウ素・セシウムの量は?  04.24.2011  http://www.yasuienv.net/TeraBq.htm
  6. 東電の現場職員が「給与カットされたら志気が下がってメルトダウン」とかツイートしているようだ。彼の言っていることは論外だが、給与逆ピラミッドの恩恵を一番受けている現場にも出ない余剰職員(誰か政治家か経済学者が言っていた)を逆累進的に減らして、現場を手厚くしてやればいいんじゃないか?
  7. ハワイからアメリカ西海岸でのプルトニウム、ウランの検出での疑問 http://1.usa.gov/hB3vOz のデータベースには、2010年のデータが欠けている?、2011年のデータの単位が2009年まではaCi/m3だったのが、その10^6倍のpCi/m3にしている点。
  8. 興味深い内容だった → 分析化学屋による検出限界の解説 http://togetter.com/li/129266
  9. .@sakamotoh さんの「誤解とデータ隠しデマ再び「米国でプルトニウム・ウランが検出される:過去20年間で最大値!プルトニウム239やウラン238が大幅上昇」」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/129448
  10. EPA のデータ なぜ2011年3月の 検出濃度をaCi/m3から pCi/m3に変更したのか理由が不明。10^6程度も検出感度が悪くなったということ?それにつれてMDC(Minimum Detection Concentration)最小検出濃度も上がった?測定感度が低下?
  11. ちなみにpCi のpピコは、10^-12 で、一兆分の一 。aCi の aアトは、10^-18で、百京分の一0.000 000 000 000 000 001。 2009年までのデーテは、aCi/m3単位だったので、こちらの方が精度が高かった(細かかった)ことだと思う。
  12. プルトニウムの濃度はどのように推移しているのか 東洋経済 2011/03/29 http://bit.ly/gLyVLN 1960年代、大気圏内核実験が盛んに行われていたころは、100~1000ミリベクレルと、現在の1000倍もの濃度だったことが分かる。
  13. 村上佳奈子は躍動感が少し足りず。安藤美姫、軽やかで優美、ほぼ完璧。浅田真央、トリプルアクセル両足着氷のほか迫力と連続感が見えなかった。キム・ヨナは最初にステップアウト。オリンピックの自信満々の演技に遠く及ばなかったのに安藤を上回る。まったく解せない採点でまたトリノと同じ下駄点か?
  14. これもNHKの独自取材の結果のようだ。最近のNHK報道は大本営発表だけではなくなったようで頼もしい。それにしても北陸電力2年もかかって、大丈夫か?→ Reading:NHKニュース 多くの原発 電源車が出力不足 http://nhk.jp/N3vR6YmE

Powered by t2b

|

« 2011-04-28Twitterまとめ | トップページ | 2011-04-30Twitterまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/51530591

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-04-29Twitterまとめ:

« 2011-04-28Twitterまとめ | トップページ | 2011-04-30Twitterまとめ »