« ベートーヴェン 合唱幻想曲 ハ短調 作品80 ブレンデル、ハイティンク/LPO | トップページ | ネットラジオの録音フリーアプリ Radika »

2011年9月12日 (月)

宮部みゆき『小暮写眞館』

昨日の三浦しをん『小暮荘物語』とよく似た題名の宮部みゆきの『小暮写眞館』。

昨年読んだものだが、題名がよく似ているのに気がついたので、簡単な感想文。

美しい風景写真をカバーに使った分厚いハードカバーの長編小説で、これも妻が図書館から借りてきた。

宮部みゆきは、『火車』で感心し、『蒲生邸事件』でうなったが、『理由』では肥大気味な分量に少し退屈した。この分厚い『小暮写眞館』も作者の力技なのか飽きることはなかったが、内容が少し薄く、少々ぜい肉が多すぎるような印象が残った。

ネタばれ的なことを書くと、いわゆる現代の少々レトロな舞台設定での幽霊譚。宮部みゆきの作品リストでは、最近は江戸時代を舞台にした幽霊譚が見かけられるが、その一連の作品なのだろうか?

『火車』は、社会性もあり、初読時には心底面白く、知人にも押しつけるように貸したほどで、『蒲生邸事件』も少々甘さを感じたが分厚いストーリーを読むのが楽しかったものだったが、だんだんと自分とは相性が合わなくなってきたように感じる。

|

« ベートーヴェン 合唱幻想曲 ハ短調 作品80 ブレンデル、ハイティンク/LPO | トップページ | ネットラジオの録音フリーアプリ Radika »

文学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/49011027

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき『小暮写眞館』:

» 宮部みゆき 「小暮写眞館」 を読み終えました [ゆるり、、ゆるゆる、、発見のまいにち]
花菱一家が移り住んだのは、古い写真館である「小暮写眞館」、 おまけに着いてきたのは、以前の主人であった小暮老人。 そしてこの写真館に引っ越してきたことから、 高校生の花菱英一が、女子高生から心霊写真を突きつけられ、 写真に写っている幽霊の正体を探ることとなる。 [ご利用にあたって]このサイトで掲載されている情報は、「ゆるり、、ゆるゆる、、発見のまいにち」の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示され... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 10:31

« ベートーヴェン 合唱幻想曲 ハ短調 作品80 ブレンデル、ハイティンク/LPO | トップページ | ネットラジオの録音フリーアプリ Radika »