« ドラゴンクエスト 25周年 Wii版 | トップページ | 痛風のその後 »

2011年10月16日 (日)

モーツァルト 没後220年 (ショルティの「魔笛」1991年ザルツブルクを見て)

今日未明(などと書き出すと、ニュースの原稿のようになるが)放送された、NHKBSのプレミアムシアターで、ヴィーン・フィルハーモニカーによる今年のシェーンブルン宮殿での野外コンサート(ゲルギエフ指揮で、リストの前奏曲、ムスルグスキー=ラヴェルの展覧会の絵など)に続いて(このような野外コンサートはいつごろから開催されているのだろうか?)、1991年のザルツブルク音楽祭の公演からゲオルク・ショルティ指揮ヴィーン・フィルハーモニカーによるモーツァルトのジングシュピール「魔笛」が再放送された。

1991年のモーツァルト没後200年の記念年もついこの間のことのように思っていたが、そこからすでに20年も経過してしまっていたというのを改めて実感した。こちらも馬齢を重ねるわけだ。いつの間にやら今年は220年目なのだ。

すでにショルティも鬼籍に入ってしまった。

あの1991年の時のモーツァルトをヴィーンで振れる大物指揮者は、ショルティくらいになっていたのだろう。今思えば、ヴィーンの聖シュテファン大聖堂でのモーツァルト追悼ミサでもショルティが指揮をしたのだった。

ショルティの指揮ぶりは相変わらずのユニークな腕の振りだったが、オーケストラが奏でる音楽は四角四面の堅苦しいものではなく、柔らかなニュアンスが湛えられたいた。ピアノの達者なショルティが、パパゲーノの鈴(グロッケンシュピール)の音楽を、指揮台のそばに置いた鍵盤付きのグロッケンシュピール?で弾くのも、愉快なものだった。

|

« ドラゴンクエスト 25周年 Wii版 | トップページ | 痛風のその後 »

ディスク音楽06 オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/53004776

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 没後220年 (ショルティの「魔笛」1991年ザルツブルクを見て):

« ドラゴンクエスト 25周年 Wii版 | トップページ | 痛風のその後 »