« 光速よりも速い素粒子の再実験で、また光速超え? | トップページ | 『舟を編む』と『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん) »

2011年11月20日 (日)

吉田修一『平成猿蟹合戦図』

話題になった同じ作家の『悪人』は読んでいないが、今回も妻が図書館から借りてきたのを借りて読んだ。

登場人物が多く、場面転換の多い作品で、一応「神の視点」から叙述されているが、少々読みにくい書き方だった。映画化を前提としているのだろうか?

タイトルがおとぎ話からのインスパイアだと告げている通り、現代の政治的な御伽噺だった。

最後まで、結末が読めず、そういう点では、サスペンス的な読ませる力はあった。

週刊誌連載だったようで、こういう書き方がそれに対応した現代作家の手法なのだろうが、一度読むと「ネタバレ」となってしまい、二度三度読みたいという興味を失わせる傾向があるようだ。

方言によるモノローグ(文字のフォントを変えてある)は、面白い試みだと思った。

追記:そういえば、世界的なチェリスト(実在ではない)が登場するのだった。

|

« 光速よりも速い素粒子の再実験で、また光速超え? | トップページ | 『舟を編む』と『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん) »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/53293387

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田修一『平成猿蟹合戦図』:

« 光速よりも速い素粒子の再実験で、また光速超え? | トップページ | 『舟を編む』と『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん) »