« Googleのポリシーの変更とダッシュボードによる履歴の削除など | トップページ | ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」と古代ローマ »

2012年3月18日 (日)

Thunderbird データと設定のWindows XP PC からWindows 7 PCへの引っ越し

今、メールは、Webメールを使うようになったので、ほとんどメーラーを使うことがなくなったのだが、過去のメールがまだLCDがブラックアウトしたXPパソコンの残っていたので、整理をかねて引っ越ししてみた。

こちらのブログが参考にさせてもらった。

カレンダーなどのアドオンもフォルダのツリー構造も、当然メールそのものもアドレス帳もすべて引っ越しができた。あまりに完璧に移行ができたので、感動を覚えるほどだった。

http://jungknight.blog90.fc2.com/blog-entry-1941.html

ポイントは、引っ越し元のXPと引越し先の7の両方のThunderbirdのバージョンを同じもの(引越し先が最新になるので、引越し元も最新に、というふうに)あらかじめ合わせておくことかも知れない。

また、引越し先でThunderbird を新規インストールしたら、その後の設定ウィザードに構わずにいったん閉じて、新規作成されたデータフォルダ内部のファイルを全削除して、そこに引越し元からUSBメモリなどでコピーしたファイルをそっくりコピーしてやるのもポイントだろう。

なお、久しぶりに使ったThunderbird だが、やはり現在主流の横長のLCD画面では、「ペイン」の配置が使いにくく感じた。メールの一覧の下に、選択したメール本文を表示させる形式では、双方のペインの高さが足りず見ずらいし、オプションにある縦配列を選んでも、今度は横の広さが不足してこれまた使いにくい。

横長画面というのが、いろいろと影響を及ぼしている感じだ。

|

« Googleのポリシーの変更とダッシュボードによる履歴の削除など | トップページ | ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」と古代ローマ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54245314

この記事へのトラックバック一覧です: Thunderbird データと設定のWindows XP PC からWindows 7 PCへの引っ越し:

« Googleのポリシーの変更とダッシュボードによる履歴の削除など | トップページ | ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」と古代ローマ »