« 朝の桜、夕の桜 | トップページ | 「真珠の耳飾の少女」が6月に3回目の来日予定 »

2012年4月 7日 (土)

吉田秀和 名曲のたのしみ 

【訂正】

お恥ずかしいことに、土曜日の夜9時から10時に本放送があり、その再放送が木曜日の午前10時から11時ということに気がついた。

ラフマニノフの18回目は、今日土曜日の夜9時から放送される。

------------

ラジオ英語を再開して、radikaの一覧性のある膨大な番組表を見ていたら、いつの間にか「音楽の泉」がFM放送に移動になって、それも土曜日の朝6時からの放送になっていたのに気付いた。それでは、私が高校時代に愛聴していた毎週日曜日の朝のFMの「名曲のたのしみ」(当時はモーツァルトだった)はどうなったのだろうか、と調べてみたら、なかなか見つからなかったが、とうとうなんと平日の木曜日に放送されているのが確かめられたので、予約録音をしてみた。聴取しにくい時間帯に移動になったものだ。(朝日新聞のクラシック音楽担当の吉田純子記者が、N響アワーの終了や、かつての芸術劇場などの終了など、NHKのクラシック音楽離れに苦言を呈していたが、FMの名物番組もいつの間にかこんな時間帯になっていたとは!)

今度の放送は、NHK FM 4/12(木)の午前10時から11時まで (以下番組表データのコピペ)

名曲のたのしみ 吉田秀和 - ラフマニノフ その音楽と生涯 -(18)
「ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30」 ラフマニノフ作曲
(40分20秒)
(ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
(管弦楽)ベルリン放送交響楽団
(指揮)リッカルド・シャイー
<フィリップス PHCP-5352>
「ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30から 第3楽章」
ラフマニノフ作曲
(11分26秒)
(ピアノ)セルゲイ・ラフマニノフ
(管弦楽)フィラデルフィア管弦楽団
(指揮)ユージン・オーマンディ
<ビクター BVCC-5115>

ちなみに、今週4/5(木)の放送は、
名曲のたのしみ 吉田秀和 - 私の試聴室 -
「“ダマスクスのヨハネ”作品1」       タニェエフ作曲
(22分48秒)
(合唱)モスクワ室内合唱団
(管弦楽)ロシア・ナショナル管弦楽団
(指揮)ミハイル・プレトニョフ
<グラモフォン UCCG-1049>
「交響詩“魔の湖”作品62」         リャードフ作曲
(6分25秒)
(管弦楽)サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団
(指揮)アントニオ・パッパーノ
<EMI TOCE-90197>
「交響曲 第1番 ハ長調から 第1、第4楽章」バラキレフ作曲
(22分29秒)
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<HYPERION CDA66493>
というものだった。

|

« 朝の桜、夕の桜 | トップページ | 「真珠の耳飾の少女」が6月に3回目の来日予定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54406515

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田秀和 名曲のたのしみ :

« 朝の桜、夕の桜 | トップページ | 「真珠の耳飾の少女」が6月に3回目の来日予定 »