« 大河ドラマ『平清盛』は面白いが、視聴率が低いとは? | トップページ | 3月のライオン 羽海野チカ »

2012年4月16日 (月)

NHK 英語講座 ラジオ、テレビの感想

英語関係の全放送というわけではないが、NHKラジオとテレビの語学放送を録音したり、録画したりして、聞いたり練習したりしてみている。

これまで、自分に合いそうだと思われるものは、ラジオとテレビで以下の順だ。

ラジオ第2放送

  1. 攻略!英語リスニング : 難度は高いが繰り返して聞くことで実力アップ
  2. ワンポイント・ニュースで英会話:時事英語が身につく
  3. 英会話タイムトライアル:基本的な英語での会話の瞬発力(SPR)が身につく
  4. 実践ビジネス英語: 難度は一番高いが現代ビジネスに触れられる
  5. 入門ビジネス英語: 現代風の気の利いたビジネス英語に触れられる
  6. ラジオ英会話: 幅広いシチュエーションの日常会話で汎用的。

テレビ

  1. ニュースで英会話:ラジオの2のテレビ放送。詳しい解説付き。
  2. ABCニュースシャワー:英語字幕・日本語字幕、字幕なしで三回聞ける
  3. おとなの基礎英語:易しい英語だが、ストーリー性があり、思い出しに適している。
  4. テレビで基礎英語:ネイティブ的な発音を目指すのがちょっと疑問。
  5. 基礎英語ミニ:一風変わった入門編。
  6. トラッド・ジャパン:伝統的な日本文化の英語での紹介(舞妓、風呂敷など)
  7. Begin Japanology:英語による日本学入門?(山菜など)
  8. スーパー・プレゼンテーション:少々ハイレベル

老舗のラジオ英会話だが、高校の頃聞いていた感想と同じく、日本語が多すぎる気がする。対象とするシチュエーションも幅広く、逆にかえってポイントがしぼりにくい感じがする。利用方法によってはダイアログを丸暗記するなどして効果を上げている人もいるようだが、ラジオ放送を聞いて、会話をリピートしているだけの普通の勉強方法では、身につく実感が希薄だ。

ラジオという、まだ現役だがいうならばlegacy 的なメディア(といってもウェブ受信をしているのだが)に対して、語学講座のウェブサイトの方はこれまで利用したことがなかったのだが、今回アクセスしてみたらコンテンツも豊富で、ざっと眺めてみたところ、特にニュースで英会話のサイトなどはタイムリーで実践的で相当充実した使える内容になっているようだ。

NHK語学番組ホームページ

ニュースで英会話

|

« 大河ドラマ『平清盛』は面白いが、視聴率が低いとは? | トップページ | 3月のライオン 羽海野チカ »

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54457189

この記事へのトラックバック一覧です: NHK 英語講座 ラジオ、テレビの感想:

« 大河ドラマ『平清盛』は面白いが、視聴率が低いとは? | トップページ | 3月のライオン 羽海野チカ »