« 韓国の最新IT事情(企業ホームページ内の情報から) | トップページ | 35年前(1977年)のアルゲリッチとプレヴィン »

2012年4月24日 (火)

掘り立ての筍を食す

妻がご近所さんからいただいてきた筍。掘り立てだという。(撮影日は、その翌日)

R0011543_r

早速、米ぬかで下茹でして、軽く味付けして食す。

R0011546_r

少しえぐみは残ったが、さすがに掘り立て。さくっとした歯ごたえはあるが、筋張った感触はまったくなく、ほろほろと柔らかい。

参考記事: 2010年1月12日 (火) 鯖の水煮の缶詰め

亜寒帯湿潤気候の長野では、亜熱帯に近い南関東のような立派な孟宗竹は育たないので、かの地の掘り立ての筍と言えば、根曲り竹(チシマザサ)の筍だ。

(昨年6月に妻の実家から送られた根曲り竹のタケノコ)

R0010568_r

|

« 韓国の最新IT事情(企業ホームページ内の情報から) | トップページ | 35年前(1977年)のアルゲリッチとプレヴィン »

年中行事」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54543893

この記事へのトラックバック一覧です: 掘り立ての筍を食す:

« 韓国の最新IT事情(企業ホームページ内の情報から) | トップページ | 35年前(1977年)のアルゲリッチとプレヴィン »