« 吉田秀和氏 逝去 | トップページ | ブログのバックアップ »

2012年5月27日 (日)

ノリントン NHK交響楽団の『英雄』(2012年4月定期)は 倍管!

先日FM放送で生放送をやっていて録音したロジャー・ノリントンとN響の『英雄』交響曲だが、らららクラシックを見ていた長男が「あれ、倍管だよ!」というので、確認したら、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットは、各4名ずつではないか。

昔のカラヤン=倍管というイメージだったのだが、ピリオド奏法の先駆者もNHKホールの音響には妥協せざるを得なかったということなのだろうか?

対抗配置で、コントラバスを最後列にずらっと並べ、その後ろに反響板を並べての演奏。

スタイルはノンビブラート奏法で、ゲストのティンパニストが説明していたが、事前に小型のティンパニを用意していて、木製のマレットで叩くその響きを「軍楽隊のようだ」とノリントンが気に入って選んだのだというエピソードが語られていた。

ただ、倍管とピリオドのイメージが結びつかないので、ちょっと驚いてしまった。

|

« 吉田秀和氏 逝去 | トップページ | ブログのバックアップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54814150

この記事へのトラックバック一覧です: ノリントン NHK交響楽団の『英雄』(2012年4月定期)は 倍管!:

« 吉田秀和氏 逝去 | トップページ | ブログのバックアップ »