« スクロールと絵巻物 ボストン美術館 里帰り展(東京国立博物館) | トップページ | 荒れ模様の天気だった連休の最終日 »

2012年5月 7日 (月)

蒲田の羽根つき餃子と『梅ちゃん先生』

5月4日に上野に外出したついでに、蒲田で下車して、以前から食べたいと思っていた蒲田名物の羽根付き餃子を昼食にした(列車や美術館で近くになった方々、一家揃ってニンニク臭がするのではないかと気になっていたけど、もし臭っていたら御免なさい)。

いくつか人気店、有名店はあるらしいが、このところ孤独のグルメ風に繁華街で旨そうな店のありそうな方面を勘で探り当てるような愉しみ方を覚えたので、あらかじめ下調べはせずに、今回もその流儀でやってみた。

蒲田は、以前在信州だった頃には何度も出張で訪れた街なのだが、主に西口方面しか知らず、以前一度東口のホテルに宿を取ったときに、周辺の食べ物屋の賑わいが印象に残っていたが、当時は餃子が有名だとは知らなかった。今回はJR蒲田駅の東口から京急の蒲田方面に足を延ばしてみた。(ただ、地元の名物料理というものは意外と目に入らないようで、以前横須賀で海軍カレーを食べようと少し歩き回ったのだが、なかなか見つからずにとうとう別の料理のどこにでもあるチェーン店で我慢したことがあった。)

京急蒲田駅方面につながるアーケード街に入ってみて、すぐに見つかったのがこの店で、金春本館(きんしゅんではなくて、能楽の方と同じく こんぱる と読むらしい)。

R0011580

とても派手な店構えだが、なんとなく旨そうな感じだったので、入ってみた。店内はちょっと狭かったが、名物の焼き餃子が安い。なんと一皿6個で300円也(税別)。とてもリーズナブルな値段で驚いた。

これを一人一皿で四皿分、韮餃子を四個、三鮮蒸餃子(10個)を一皿にそれぞれご飯(スープ付き)を頼んだ。色彩的には白系一色となってしまったが、羽根がきれいについた焼き餃子は肉汁たっぷりで、ご飯が進む美味しさだった。韮餃子は、韮と卵が具として入った珍しいもの。信州の田舎の韮せんべいというおやつと似通った感じ。蒸し餃子の具は海老が主体のようで、プリプリと美味しかった。

我が家の手作り餃子は大蒜を入れない野菜たっぷりの焼き餃子で、子どもたちの大好物なのだが、外食で食べる餃子はえてして具が少なかったり小さかったりであまり満足したことは無い。しかし、ここの餃子はとても好評だった。

R0011579 こげ茶色の羽根が何とも食欲をそそる。(大皿に四皿分載せられている)

 

ところで、蒲田と言えば、現在放送中のNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』を録画などして見ている。

最近の我が家では、あまりにもひどい脚本のドラマを、昨年放送されたドラマにひっかけて、『南極大陸』並みだと言っている。『南極大陸』は、題材的にはそれなりに力作で、結構面白かったのだが、犬たちの「演技」などがそれはそれは突っ込みどころ満載だった。これまで比較的好意的に見てきた『梅ちゃん先生』にも残念ながら馬脚があったようで、だんだんそれが目立ってきたようで心配している。

東京の医専に通う女子学生たちが、横須賀の旧海軍が保管していた薬品の放出品を引き取りに行く回は、あまりの非現実的な設定が見られて、あり得ないの連発だった。横須賀からの距離、大八車、運よく通りかかった親切なトラック運転手。医専に戻れた時間。

さらに、先週梅子が追試験を途中放棄してまで友人の結婚問題に首を突っ込み、すは落第で退学かという矢先に、あまりにもあっさりと友人たちのとりなしで再々試験が認められた回の、あまりのご都合主義。

最近は、わざと「下手」に作って味を出そうとするヘタウマがドラマ界でも流行しているようで勇者ヨシヒコ、南極大陸、家政婦のミタ、こども警察などはその類なのだろうが、上手いのかそれとも稚拙なのかの区別がつきにくいことが多くなっているのだが、このドラマはいったいどちらなのだろうか? 突っ込みどころがあまりない、もっと正攻法の脚本、演出が望まれるように思う。

|

« スクロールと絵巻物 ボストン美術館 里帰り展(東京国立博物館) | トップページ | 荒れ模様の天気だった連休の最終日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54635659

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田の羽根つき餃子と『梅ちゃん先生』:

« スクロールと絵巻物 ボストン美術館 里帰り展(東京国立博物館) | トップページ | 荒れ模様の天気だった連休の最終日 »