« 台風4号の暴風雨 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」1,2,3 (三上延 メディアワークス文庫) »

2012年6月20日 (水)

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ EMI録音集(11CD)

先日亡くなったディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのEMIへの録音の集成が発売されているのを知り、購入した。 http://www.hmv.co.jp/news/article/1112060056/

R0012053

フルトヴェングラーやカラヤンもそうだったが、このディースカウの場合も、第二次大戦後の50年代は戦勝国のイギリスのレコード会社であるEMIに録音し、(フルトヴェングラーは晩年までEMI所属だったようだが)、その後次第に、西ドイツのレコード会社DGGに録音するようになったというところが共通しているようだ。相変わらず余計な余談だが。

この録音は、1950年代から新しい方は1970年代のもので、ディースカウの全盛期の声が収められている。

シューベルトは、三大歌曲集のほか「鱒」「魔王」「死と乙女」「野ばら」なども収録されている。フォルテの音エネルギーの強い部分では、クリップするのが惜しく、名伴奏ピアニストのムーアのいかにも伴奏のイメージに合った伴奏が今となれば少々物足りなくもあるが、主要な歌曲がこのセットで聴けるのは便利だ。

その他シューマン、ブラームス、マーラー、R.シュトラウスも含まれており、これまであまり聞く機会がなかったヴォルフが1枚に収録されている。メンデルスゾーン、ヴァーグナー、珍しいレーヴェやリスト、コルネリウスなども含まれているのもうれしい。

このセットで、久しぶりに『美しい水車屋の娘』を聴いた。素朴な風合いの歌曲だが、第8曲 朝の挨拶 Morgengruß や第10曲 涙の雨 Tränenregen など、若い頃に聴き、歌った歌が懐かしかった。

|

« 台風4号の暴風雨 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」1,2,3 (三上延 メディアワークス文庫) »

ディスク音楽05 声楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/54990281

この記事へのトラックバック一覧です: ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ EMI録音集(11CD):

« 台風4号の暴風雨 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」1,2,3 (三上延 メディアワークス文庫) »