« フルトヴェングラーのブラームス(生誕125周年記念Box) | トップページ | シューリヒトとヴィーンフィルの ブルックナー 交響曲第8番 »

2012年7月15日 (日)

阿部和重『シンセミア』

これも2011年の7月頃読んだ小説。妻が図書館から借りてきたもの。

2005年に芥川賞を受賞した小説家だという。

山形県のある町を舞台にした群像劇的な現代小説だが、大河小説であり、フォークロアであり、猥雑な風俗小説でもあり、ファンタジーでもあるという破天荒な長編小説だった。

ガルシア・マルケスに比するような批評も目にしたことがあるが、マルケスの『千年の孤独』の読後感の方がましだったほどの、不愉快な描写が数多かった。

読ませる筆力は強いものがあるが、どうも付いていけない下世話な描写が多すぎた。

|

« フルトヴェングラーのブラームス(生誕125周年記念Box) | トップページ | シューリヒトとヴィーンフィルの ブルックナー 交響曲第8番 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/48868007

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部和重『シンセミア』:

« フルトヴェングラーのブラームス(生誕125周年記念Box) | トップページ | シューリヒトとヴィーンフィルの ブルックナー 交響曲第8番 »