« 富士山もりの蕎麦 | トップページ | BBCドラマ シャーロック シーズン2 その1 A Scandal In Belgravia »

2012年7月24日 (火)

有川浩『図書館戦争』(図書館戦争シリーズ①、角川文庫)

2011年7月に読んだ本。

先日も取り上げた人気作家 有川浩の初期の代表作と言われている『図書館戦争』第一巻を文庫で購入して読んでみた。

亡くなった俳優で読書家の児玉清との対談で、児玉氏が有川浩を相当評価していたのを知り驚いた。

以前アニメーション化された時には見逃したのだが、アニメーション映画化される(た)らしい。

連作ではあるが、続きを読んでみたいとは思わなかった。図書館が武装して戦闘を行うというパラレルワールド的な設定が自分には突飛過ぎた。

|

« 富士山もりの蕎麦 | トップページ | BBCドラマ シャーロック シーズン2 その1 A Scandal In Belgravia »

文学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/52233130

この記事へのトラックバック一覧です: 有川浩『図書館戦争』(図書館戦争シリーズ①、角川文庫):

« 富士山もりの蕎麦 | トップページ | BBCドラマ シャーロック シーズン2 その1 A Scandal In Belgravia »