« 『重力とは何か』(大栗博司カリフォルニア工科大学 理論物理学教授)を読んだ | トップページ | 最近 ネットワーク接続が突然できなくなる »

2012年8月21日 (火)

2012年2月頃読んだ本

このところ、古典や名作のたぐいよりも現役作家の小説を読む機会が多い。

少年の頃、大人になると古典・名作を読むことがなくなるから、分からなくても今の内に読んでおけと親や恩師に言われたことが思い当たる。

その意味では、現在は、娯楽・エンターテインメント・時間つぶしのための読書になっている。なかには、キラリとした名作の予感がするものもあるが、多くは時の流れによって消えていくものだろう。それでも、古典・名作にならなくとも、同時代で同地域(日本)の空気というものが味わえるのは、このような小説の楽しみの一つでもある。

「ワーキングガールウォーズ」(柴田よしき著、図書館)

「陽だまりの彼女」(越谷 オサム著、 購入 文庫)

「オイアウエ漂流記」(荻原 浩著、購入 文庫)

「十三階段」(高野 和明著、 図書館)

「ジャンプ」(佐藤 正午著、図書館)

中では、死刑問題を扱った「十三階段」は印象に残った。

|

« 『重力とは何か』(大栗博司カリフォルニア工科大学 理論物理学教授)を読んだ | トップページ | 最近 ネットワーク接続が突然できなくなる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/53933794

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月頃読んだ本:

« 『重力とは何か』(大栗博司カリフォルニア工科大学 理論物理学教授)を読んだ | トップページ | 最近 ネットワーク接続が突然できなくなる »