« フィギュアスケート全日本選手権 | トップページ | 2013年大晦日 »

2012年12月27日 (木)

電子書籍リーダー LIDEO を買ってしまった

最寄の書店で購入。カバーが1500円だったので、本体と合わせて約1万円。なお、書店ポイントが500円分ついた(普通書籍・文具購入では100円で1ポイントなので5万円分)ので、少しお得感があった。

電子書籍リーダーとはどんなものか、興味があったので早速使い始めた。

追記: 

①初期起動
箱から出してすぐ使えるという謳い文句の通り、購入時点で既に充電もされているので、電源オフ時の初期画面に表示されている(あまり上手ではない)イライストの通り電源スイッチを長押しして起動させた後、タッチパネル上に示されるキーボード画面によってパスワードなどの登録をするだけで使えるようになった。

ただし、開いてすぐのような簡便さはWIMAXという無線LANサービスのサービスエリア内だけで得られるものであり、田舎の父母にプレゼントするにしてもわが実家ではサービスエリア外となっていたのでサービスエリアまで移動しないと使えないだろう。

なお、三省堂書店で購入すると、レジで初期設定のサービスを受けることができる。10分ほど時間をいただきたいとのことだったが、自分でやりたかったので断った。

②書店
書店ボタンを押すと勝手に書店サイトに接続して、書籍購入ができるようになる。初期起動時にまだクレジットカードによる購入申し込みをしていなかったので、青空文庫が読めるということを知っていたので、検索してみた。この検索が非常にやりにくいのが残念。50音順の検索が不便過ぎる。順に表示せざるを得ないため、目的の作家や作品にたどり着くまで、画面の切り替えや通信速度の問題もあり、もっさりしすぎて使えない。

③屋内無線LAN接続
購入直後しばらくWIMAXで試した後、自宅でPCやプリンタを無線LANで使っているので、そのアクセスポイントに簡単につながるだろうとトライアルしてみた。

バッファーローのAOSS対応のアクセスポイントなので、その機能でつながればよいのだが、方法が分からなかったので、マニュアルでの接続を試みた。アクセスポイントの暗号化は最強のものにしているので、パスワードがとにかく長い。そしてそのパスワード入力が、タッチパネルではすごくやりにくい。ああだこうだ試して、ようやく何回目かに接続を果たせた。その後、このアクサスポイント圏内にいるときは、無線LAN優先となり、別の場所ではWIMAX優先になる。
【無線LANへの接続のやりにくさは改善すべき点だろう】

④自炊派ではないが
読書できるのはBookLive!で提供する電子書籍のフォーマットのみ。つまり自炊(既存書籍を裁断してスキャンしたPDFファイル)の閲覧は、フォーマットも未対応だし、リムーバルメモリの接続ができないので、不可能。BookLiveの専用機だということ。そのため、BookLiveがサービスを何らかの理由で休止、中止された場合には、それまでにダウンロードしたデータは使えるだろうが、新規ダウンロードができなくなるので、ただの箱になりかねないことが懸念される。

⑤無料コミックの「ブラックジャックによろしく」の見え方
PCでのBookLiveでダウンロードしたものは、カラー表示、原作の見開き表示ができ、画面いっぱいにして読むことができるが、Lideoでは1ページ表示で、拡大もできないため、コミックの細かい吹き出し文字は、遠視(というか老眼)には少々つらい。モノクロだがただし、画像の質は高い。

⑥PCとの連携(同期化)
PCで、BookLiveに加入しておけば、アカウントを統合でき、LideoとPCやその他の端末の本棚(ダウンロードフォルダ)の同期化が可能。PCの方が、本屋での書籍検索も容易なので、こちらで本を購入しておけば、Lideo側で不便な本屋画面を使って検索する必要はなくなる。ただ、この代替案は、Lideo単体で使用するターゲットである中高年読書愛好家層には必ずしも解決策ではないだろう。【本屋の検索機能の改善が望まれる。】

⑦通勤の友として。
軽いので、片手持ちができる。そこそこ混雑した電車内でも周囲に迷惑を掛けずに読書ができる。出張の友にもなってくれそうだ。専用カバーをしておけば、カバンの中でも誤動作が防げる。

参考:
【BookLive!の電子書籍リーダー「BookLive! Reader Lideo」をいち早く使ってみた】というウェブ記事

これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――BookLive!

3分の1くらいは無料で読める[青空文庫]

|

« フィギュアスケート全日本選手権 | トップページ | 2013年大晦日 »

テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/56397840

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍リーダー LIDEO を買ってしまった:

« フィギュアスケート全日本選手権 | トップページ | 2013年大晦日 »