« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の6件の記事

2014年8月16日 (土)

クルマでの帰省

今回の帰省は、8月13日(水)に帰省、8/16(土)に帰宅と、まさに帰省と帰宅ラッシュによる渋滞のピーク時に、渋滞の名所を通過したが、それほどの混雑に巻き込まれずに往復することができた。

お盆Uターンラッシュがピーク 55キロ渋滞も 2014年8月16日21時08分(朝日新聞)

高速道路は朝から混雑が始まり、日本道路交通情報センターによると午後4時半ごろ、上信越道上りの甘楽パーキングエリアを先頭に55キロ、関越道上りの高坂サービスエリアを先頭に42キロ渋滞した。

通過時刻は、甘楽(かんら)SAあたりが午前11時半ごろ、高坂(たかさか)SAあたりが午後12時半ごろだったが、関越道で多少の事故渋滞があった以外は、比較的スムーズだった。午後、実家を出発していれば上記の大渋滞に遭遇したのだろうと思うと、少し早目に動いてよかった。

下り方面は、午前中。帰路の上り方面は、午後がどうも渋滞のピークなので、それをうまく躱すことがポイントのようだ。

追記: 現在のクルマでの帰省は3回目。

1回目は、2007年5月 7日 (月) 5/3-5/6 クルマで帰省 (往:中央道八王子IC経由、復:上信越道・関越道練馬IC経由)

2回目は、2008年8月18日 (月) ようやくネット再接続して帰省のあれこれ (往:圏央道あきる野IC経由、復:圏央道あきる野IC経由)

今年の6月28日、圏央道の相模原-八王子間部分の工事が完了し圏央道西部では、東名(海老名JCT)、中央(八王子JCT)、関越(鶴ヶ島JCT)で接続したため、今回は、圏央道、関越、上信越道という最短ルートに近い自動車旅行が可能になった。最寄りのICは、東名なのだが、ここが行楽シーズンの渋滞の名所なので、東名利用は最初から想定していなかった。

次男がクラブ活動などの所用のため、妻と次男は自宅に残り、長男との二人での帰省だったが、長男はナビ役、記録役として活躍してくれた。

往路 10:00頃自宅発------15:30頃実家着

復路  10:00頃実家発------14:45頃自宅着


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

天の梯(そらのかけはし) みをつくし料理帖⑩

8月9日(土)発売予定ということを知っていたが、台風の影響もあり書店には行けず、ようやく今日の昼休みに購入できた。

前巻で、この巻が最終回だということは予告されていたため、これまでの様々な出来事がどのように収拾が付けられるのか気になっていた。

帰宅後読み始めて一息に読んでしまった。10巻通して、心温まるよい時代小説だった。

P.S.

発売直後なので、詳しい感想は別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

何が功を奏したか? (痛風対策:尿酸値の減少)

生活習慣病とメタボリックシンドローム。中でも痛風(高尿酸血症)対策の試行錯誤の一つとしておこなってきた まねごと糖質制限食の半年試行錯誤

半年で減量約5kgで、ダイエット本やダイエット記事ほどの劇的な効果はなかったが、相応の減量に成功し、BMIも標準値の上限以下になった。(ただし、まだ腹囲は標準値を切れずにいる点では、善玉コレステロールがあまり向上できていないのもそうだが、有酸素運動が不可欠のようだ。)

その成果を見るために、今週血液検査を再度受け、今日その結果の報告を受けた。

尿酸値は、検査結果が残っている35歳時の検診(7.0だった)以来、初めて上限の7.0を下回ることができた。

今回の検査では、中性脂肪も対象だったのだが、それも1月、4月に比べて劇的に下がり、過去最低レベルまで減った。

ただし、尿酸値と中性脂肪の相関関係はそれほど単純ではないようで、2000年の夏に初めての痛風を経験したときには、その直前の中性脂肪は、それこそ残っているデータの中では最も低い値だったのだから、中性脂肪値の低さは必ずしも尿酸値を下げるとは限らないようだ。

2011年12月26日 (月)5ヶ月継続した食餌療法と健康診断結果 

尿酸値と中性脂肪との関連は過去の健康診断の結果では、中性脂肪が高いとその翌年の尿酸値が高くなっているというように時間間隔をあけての連関性があるようなのだ

これまで、様々な他の検査要素とも比較したのだが、尿酸値と相関があるデータがなかなか見つからないでいる。

尿酸値の低下に影響を最も与えたのは、ビタミンCの規則的な服用と、クエン酸溶液の摂取ではないかと推測している。今回新たな取り組みだったためだ。

尿酸は、ビタミンCを体内で合成できない人類にとっては有益な抗酸化物質でもあるという。尿酸が血液中に多くあるということは、それなりの意味があるのかも知れないのだが、ただし、高すぎると痛風などの弊害が大きいため、それに代わるものとしてのビタミンCサプリメントを服用することによってどうなるかの試行錯誤だった。

クエン酸は、尿酸の排出に役立つということで、食品用のものがあったので、先月来ふと飲み始めた。

ビタミンCとクエン酸のどちらの効果があったのかは分からないが、このまま尿酸値を低い状態に保っていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

横浜港花火大会 8/5夜

天頂の大三角と見る遠花火

ヴェガ、デネブ、アルタイルも見る遠花火

R0014690

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

二つのニュース

一つは、スタジオジブリがアニメ制作部門を解体するというもの。

映画制作部門を解体し、今後は版権管理などの事業だけを継続するとみられる。公開中の「思い出のマーニー」(米林宏昌監督)がジブリ最後の長編作品となりそうだ。宮崎駿監督(73)の引退表明から1年足らず。世界に冠たる日本のアニメ業界にとっても大きな局面を迎えた。

もう一つは、サイトウ・キネン音楽祭が、セイジ・オザワフェスティバルに名称を変更するというもの。

長野県松本市の音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(SKF)」が来年、国際的指揮者の小澤征爾氏(78)の名を冠して「セイジ・オザワ松本フェスティバル」に生まれ変わることになった。実行委員会が4日、東京都内で記者会見して明らかにした。

どちらも、一時代を画した天才であり、いまや巨匠と呼ばれるようになった芸術家に関係するが、ベクトルが異なるように思う。

前者は、ウォルト・ディズニー後のディズニーのような形態がとれないのかの模索時期かも知れない。

後者は、現存する人物の名前を、それも日本語ではなく、英語的な名姓で付けるというのは、とても違和感がある。小澤征爾の「師匠」であるミュンシュ、バーンスタイン、カラヤンも自分の名前を冠した音楽祭を企画したことがあったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

ジブリ映画『思い出のマーニー』鑑賞

8月2日(土曜日)の午後、最寄りのショッピングセンター内のシネマコンプレックスに見に行ってきた。(少々ネタバレ気味なので、未見の方は飛ばしてください。

原作を完全に映像化しているわけでは無かったが、原作を一応読んだ者にとっても楽しめる映像と脚本だったように感じた。

原作の舞台は、1960年代のイギリスの東海岸だが、映画はそれを現代日本の北海道に変更、登場人物たちも日本人で、どのようにその設定を回収するのかと初めの内は懸念があったが、原作の肝の部分は外さずに、落ち着いて楽しめた。傑作とまでは言えないかも知れないが、佳品ではあった。児童文学に関心のある人には是非見て欲しいものだと思う。

(以下多少ネタバレ)
敢えて難点を言うならば、原作では納得できたのだが、現代日本が舞台であるのとは違和感があり過ぎるマーニーの設定だろうか? もし現代で生きているとすると70歳ほどの老婦人が中学生頃だとするとマーニーの時代は1960年代だろう。さらに、養子の養育手当という制度が現代日本にあるのかどうか?(*)  さらに、アンナと屋敷を購入した家族との関係が、原作では次第に密になっていく設定なのだが、映画では唐突に始まってしまうこと。

観客の吸収力はあまりよくないようで、150人ほど収容のシネコンのスクリーンの入りは、我が家を含めても30人ほどだった。「アナ雪」の方は、同じシネコンでも吹き替え版がいまだに上映が続いているくらいなので、少々寂しさを感じた。

追記:(*)

里親手当  http://sato-oya-net.jp/satooya4.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »