« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年3月の2件の記事

2015年3月22日 (日)

Harmoniemusik (管楽アンサンブル)というもの

管楽アンサンブルによる「フィガロの結婚(ヴェント編曲)」をかつて愛聴していたことがある。思えばこれが「フィガロ好き」になったきっかけだった。1970年代の中学生時代のモノのラジカセによるFM放送のエアチェック。まだその頃のカセットテープは実家の押入れかどこかにあるだろうか?当時は、「フィガロの結婚」についての知識もほとんどないながら、アナウンサーの「ヴェント編曲によるフィガロの結婚」というナレーションまで録音してあったため、記憶に強く刻まれている。思えば、面白いオペラ入門だった。

さて、190枚全集には、モーツァルト自身の編曲らしい(K Deest:ケッヘル番号なしになっているのかどうか未確認だが) 「後宮からの誘拐」の
Harmoniemusik nach Die Entführung aus dem Serail K 384 (序曲を含めて全18曲)が収録されていた。たぶんこのYoutubeの Bläserensemble Sabine Meyerと同じもの。 
https://www.youtube.com/watch?v=I61IP7fldvA

歌詞が無い器楽のみの方が聴きやすい。

このほかに、

Johann Georg Triebensee (1772-1846、作曲家、オボイストで、アルブレヒツベルガーの作曲の弟子なのでベートーヴェンの相弟子にあたる)の編曲による「ドン・ジョヴァンニ」(同13曲)と 上記のJohann Wendt(1745-1801、作曲家、イングリッシュホルニスト、オーボイスト) の編曲による「後宮からの誘拐」(8曲)が収められているが、我が懐かしの「フィガロ」は収録されていなかった。

Youtube をあたったところ「フィガロ」のハルモニームジークが数点あったのは、便利な世の中になったものだと思う。

◆The Bratislava Wind Octet のもの:
https://www.youtube.com/watch?v=Yt3vzvXQfGM

編曲者不明。記憶の演奏と少し編曲が違う気がする。

◆Zefiro Ensemble(Arranged by Alfredo Bernardini)というのも見つかった。

(1/2) https://www.youtube.com/watch?v=USJslsQhS-c

(2/2) https://www.youtube.com/watch?v=XzADjCpIz3g

こちらの編曲者Alfredo Bernardini。このアンサンブルのメンバーらしい。

それでも、ヴェント編曲のフィガロをGoogleで探してみるとそれなりにヒットはする。

◆楽譜情報が見つかった。

http://trove.nla.gov.au/work/6131791

http://catalogue.nla.gov.au/Record/1418867

オーストラリアの楽譜情報

------
Marriage of Figaro / [by] W. A. Mozart ; arranged by Wendt for 2 oboes, 2 clarinets, 2 bassoons & 2 horns. [music]
Bib ID 1418867
Format MusicMusic
Author
Mozart, Wolfgang Amadeus, 1756-1791  
Uniform Title Nozze di Figaro. Selections; arranged
Description London : Musica Rara, [c1975]
Score (2 v.) and 8 parts ; 31 cm.
Notes

Cover title.

Includes bibliographical references.

Subjects Wind octets (Bassoons (2), clarinets (2), horns (2), oboes (2)), Arranged - Scores and parts.  |  Operas - Excerpts, Arranged.
Time Coverage 1786
Other authors/contributors Wendt, Johann, 1745-1801
Music Publisher Number M.R. 1825

-----

◆「管楽器による室内楽への注釈付きガイド」という本

An Annotated Guide to Wind Chamber Music

https://books.google.co.jp/books?isbn=1457449978
Mozart, W. A. (1756-1791) Marriage of Figaro (Vols. I & II) (suite from the opera) arr. Wendt Composed: 1786 (first performance) Duration: flexible — (depending on which movements are programmed) Publisher: Musica Kara Difficulty: ...

には、1971年にJack Brymer 指揮の London Wind Soloists による録音が Musical Heritage Society MHS7019というLPで発売されている、と書かれていた。

年代的に、1970年代中旬にエアチェックできたのはおそらくこの録音だろうと思う。

探してみると、中古LPでは入手可能らしい

http://www.musicstack.com/item/5540461

http://www.discogs.com/London-Wind-Soloists-Jack-Brymer-Wolfgang-A-Mozart-Le-Nozze-Di-Figaro-For-Wind-Ensemble/release/3973519


Tracklist
A1     Overture    
    Act I
A2     Cinque, Dieci    
A3     Se A Caso Madama    
A4     Se Vuol Ballare    
A5     Non Piu Andrai    
    Act II
A6     Porgi Amor    
A7     Voi Che Sapete    
A8     Venite Inginocchiatevi    
    Act III
B1     Crudel! Perche    
B2     Riconosci In Questo    
B3     Dove Sono    
B4     Che Soave    
B5     Ecco La Marcia    
    Act IV
B6     Deh Vieni, Non Tardar    
B7     Pian, Pianin    
Credits

    Arranged By  Johann Wendt
    Conductor  Jack Brymer
           
 
なお、Jack Brymerとロンドン管楽ソロイスツは、管楽アンサンブル用の作品を数多く録音していたようで、ベートーヴェンの管楽アンサンブル曲も多く録音している。

-----

それにしても、ハルモニームジークの響き。伸びやかでお気楽な気分で、とてもくつろげる。

モーツァルトやベートーヴェンの時代には、作曲者自身や同時代の音楽家の手によりこのようなリダクション(縮小編曲)が数多く作られ、これらが遠隔地等での音楽の紹介、普及に役立てられたらしい。

ただ、ヴェントの編曲の「フィガロ」もそれなりに録音はされてはいるようだが、ネット情報を見てもそれほど顧みられてはいないようだ。Imslpにもヴェント編曲の「フィガロ」は登録がなく、またNMLにも見当たらない。

デジタルコピー時代の現代には仕方がないのだろうが、このような楽しい編曲は忘れたくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

モーツァルト全集(小学館, 別巻含み190枚)のリッピング完了

今日は、春分の日。
2014年9月 2日 (火) 小学館 モーツァルト全集のCDを夏の帰省時に持ち帰った で、書いた190枚のCDの外付けHDDへの取り込みがようやく完了した。

iTunesを使っているが、懸案のケッヘル番号の第1版と第6版によるソートの問題は、第6版の番号をiTunesで普段使わないエリア「グループ」に001から626を入力し、簡単にソートできるようにしてみた。パリソナタ(1778年)と呼ばれた第10番K330 (300h)ハ長調から第11番K331(トルコ風ロンドを伴う)、第12番K332(300k)のピアノソナタは、現在はマンハイム・パリ旅行の最中の作品ではなく、ウィーンに移住後、コンスタンツェとの結婚の頃(1783年)に作曲年代が変更され、第6版の順序も再度入れ替えが必要らしいが、そのほかは概ね第6版の順番でソートすると作曲年代順に聴き進めることができるようになった。

MP3のタグダータを自分なりに統一した形式で、できるだけ演奏者情報、録音年代なども正確に修正しようとしたため、結構億劫にもなり時間を要した。

全部で2807曲(楽章やオペラのナンバー別のため)。

演奏所要時間は、8日と3時間12分50秒。

ヘンデルのメサイアなどの編曲作品、別巻の父と子の作品や、同時代作曲家、ベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキーなどもCDで12枚、13時間ほど含まれてはいるが。

これでHDDへの取り込みデータも、再生所要時間が74日分となり、これが一度に失われてしまうのは怖いので、このリッピングデータのバックアップのため、500GBのHDDを購入したが、薄く音も熱もあまり発生せず、廉価になっていて驚いた。

なお、iTunesの音楽データを外付けHDDに保存する場合、一緒に ライブラリ"iTunes Library.itl" "iTunes Library.xml" などのデータを移動してやっておくと便利だ。

Shiftキーを押しながらiTunesを起動すると、ライブラリの選択画面が出てくるので、外付けHDDに移動した "iTunes Library.itl" を選択することができるので、HDDの切り替えもできる。

他のバックアップHDDにバックアップを取る際には、ライブラリデータも含めてHDDまるごとコピーをすれば、完全なミラーリングが可能になる。もし、一方のHDDに不具合が生じても、問題ない。

コピーには、FastCopyのようなフリーウェアが便利だ。これだと差分コピーや同期コピーが可能だからだ。(HDDの識別レターは、管理ツールのコンピュータの管理のディスクの官吏によってあらかじめ別々にセットしておく必要がある。)

以前はライブラリデータは、iTunesをインストールしたPC内においていたのだが、これを音楽データと同じHDDに置いた方が、PC内においておいたときよりも、気のせいか音質がよくなるようでもある。高音の伸びや解像度があがったような印象がある。

----------------

追記:

Foobar2000:ID3 Tag Mapping では、

iTuneの group は、CONTENT GROUP にあたり、 フィールドは、 %CONTENT GROUP%と記述する。

同様に 作曲家は、COMPOSER で、同じく %COMPOSER% で、カラム等の表示ができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »