« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の3件の記事

2020年7月28日 (火)

準・メルクル指揮第7回音楽大学フェスティバル・オケ 2018/3/25 ミューザ川崎

2018/3/16 Twitter:

音大オケフェスティバル 3/25(日) ミューザ川崎が楽しみ。準・メルクル指揮でドビュッシーの交響組曲「春」、シューマン交響曲第1番(「春」)、ストラヴィンスキー「春の祭典」。「春の祭典」は人口に膾炙しているが、「春の祭祀(祭儀)」あたりがやはり妥当だと思う。 waseda.repo.nii.ac.jp/?action=pages_

 

2018/3/24 Twitter:

シューマンの交響曲はこれまで生演奏で聴いたことがないので、色彩的なドビュッシーとハルサイに挟まれて、オケがどのように響くのか、明日のミューザ川崎が楽しみ。渋いと言われれるコンヴィチュニー指揮ゲヴァントハウス管の録音(1960年)でよく聴くが、いわれるほど灰色には聞こえない。 https://twitter.com/ondaiorchefes/status/977439312202448896

------------

2018/3/26 Twitter

準・メルクル指揮第7回音楽大学フェスティバル・オケ。3/25ミューザ川崎。ドビュッシー(ビュッセルのオーケストレーション)の交響組曲「春」の柔らかさと明るさ。マルティノンとフランス国立管で予習したが、やはり高音が華やかなミューザは格別。ピアノ連弾もオケに溶け込む。一瞬のヴィオラソロ!

2曲目はシューマンの交響曲第1番「春」。これを一番楽しみにしていた。果たして、実にすばらしい演奏で、もうここでほぼ満腹。家人によるとメルクル氏はN響とシューマン交響曲全集を録音しているという。練達の棒と自在なオケ!

シューマンのオケは、それなりに管楽器もソリスティックにフィーチュアされているが、弦楽器群の扱いに「特徴」があるようで、全体的に使用音域が近接した弦のトゥッティが多く、また刻みや対フレーズが配されているようだ。

音響の悪いホールや弱いパートのあるオケでは、そこが団子で聞こえるのだろうが、キビキビした推進力のある指揮と若々しく精巧なアンサンブルのオケでは隠し味的フレーズも聞き取れてその点でもとても楽しかった。

クライスレリアーナの引用もあるとプログラムに書かれていたが、突発的な楽想の変換の多いこの曲で、本当に見事な演奏だったと思った。

3曲目の「春の祭典」は、そんな満足感の中で聴いたので、少しもったいなかったかも知れない。2年前の昭和音大「ハルサイ」がよくまとまっていたし、少々事前予習をし過ぎたせいか、強烈なエネルギーには圧倒されたが、疲れた。

とはいえ、最終盤の犠牲の踊りでは、こちらリスナー側もトランス状態のような摩訶不思議な感覚を味わえた。全体として、一流指揮者と音大の精鋭たちによる素晴らしい春の音楽の饗宴だった。

-------

過去の名指揮者と言われる人たちにもシューマンを演奏する指揮者とあまりしない指揮者がいたような気がした。録音だけの判断だが、フルトヴェングラーは演奏したがワルターはあまり?セルは演奏したが、ライナーやオーマンディは?カラヤンやバーンスタインは演奏したが、ベームはあまり?

 

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

EPSON NY3000 WINDOWS 10 クリーンインストール

NY3000 (2011年購入、インテル Pentium プロセッサー P6100(2.00GHz) , RAM 4.0GB, Windows 7 Home Premium 32bit ) 

2019/9/27 WINDOWS10 HOME 32bit (1903) → 1909へアップデート

2020/7/25(土)朝まで、大きな問題(小さな問題としてはセキュリティソフトのRapportによるブルースクリーンが発生)なく使用していたが、午後に起動し、正常に立ち上がった後、しばらくするとブルースクリーンが出てしまう不具合が急に発生し始めた。数回再起動しても同じ現象。(起動中のブルースクリーンではなかった。)

やむを得ず、他のPCで復旧方法を調べ、スタートボタンの電源メニューで、SHIFT+再起動を選びトラブルシューティング画面を出し、システムの復元を実施したところ、1時間かかったものの、その後はブルースクリーンも出ずに使えるようになったのでほっとしていた。

ところが、7/26(日)朝立ち上げると、再び同じブルースクリーン現象が発生した。

仕方がないので、クリーンインストールに踏み切った。

これまでの2台は、起動後Windowsからのクリーンインストールを行ったが、今回はそれは不可能そうなので、以前作成しておいたUSBメモリからブートする方法で実施したところ、ほんの1時間ほどで、インストールできてしまった。

もともとx64プロセッサなのだが、WINDOWS7が32bitだったため、前回のアップグレードでは32bitしか選択できなかったが、今回は思い切って64bitを入れてみた。

詳細は、別途記載予定だが、その後ソフトやドライバをインストールして、それなりに使えるようになっている。

| | コメント (0)

2017年 音大オーケストラフェスティバル

昨夜、NHKのEテレで、全国各地のプロオーケストラ特集2を録画しながらつまみ聴きをしていたら、広上淳一指揮京都市交響楽団のマーラーの第1交響曲(「巨人」)が放送され、そういえば、どこかでこの曲の生演奏を聴いたことがあったなと思い、このブログを検索したが記事がなかった。やはり長い間、記事を投稿しなかった弊害だが、Twitterに残っているかと検索したところ、以下のTweetを発見したので、こちらにまとめて貼り付けてみた。

-----

2017/11/27 Twitter投稿から

11/25(土)15:00からミューザ川崎で音大オーケストラフェスティバル。2016年は行けなかったので久しぶり。音大生達の汗と涙の結晶をじっくり堪能。上野学園(清水醍輝) 「アルルの女」第1・2組曲より抜粋、コダーイ:管弦楽のための協奏曲、昭和音大(海老原 光)マーラー交響曲第1番(花の章つき)

2014年上野学園(下野竜也)、武蔵野音大(時任康文)、洗足学園(秋山和慶)。2015年昭和音大(齊藤一郎)、桐朋学園(高関健)、東邦音大(田中良和)、東京音大(現田茂夫)、国立音大(尾高忠明)を聴いたので、参加9音大の中で東京芸大のみ未聴。2017年は2CBの中央だったので弦楽器もマスクされない音響。

「アルルの女」は細部まで繊細で美しかった。ヴァイオリニスト出身の指揮者ということもあるのか弦楽合奏も美しい。木管も活躍。フルートソロは絶品。ホール全体に透明な音が響き渡った。終曲の盛り上がりに会場は熱狂。コダーイのオケコンは初めて聴く曲。バルトークの「オケコン」に影響を与えた?

マーラーの第1交響曲は、第1、2楽章間に「花の章」(Blumine)を挿入したもの。恒例のエールのためのファンファーレと、第1楽章の舞台裏のバンダが上手かったことからの後知恵だが、トランペットの女性奏者が大変上手だったので、その披露の意味もあったのかとも考えた。美しく滑らかなトランペット。

第1楽章冒頭のフラジオレットの持続の難所は、緊張するフェスティバルでの一曲目でもありアイドリングが完了していない状態では相当難しいのだろうと思わされた。「花の章」からしり上がりに調子を上げ、特に原曲第3楽章の濃厚な表現はユダヤ風とはかくや、と思わされた。

フィナーレの冒頭の嵐のような大音響とそれに続く猛烈な音楽こそ、やはりこの曲の焦点なのだろう。圧倒された。「さすらう若人」ではなく、いわゆる「タイタン」的なイメージはこのような音響に包まれることで追体験できるのかも知れない。ただフィナーレの構成がくどいのはマーラーの若書きだろうか?

------------------

第8回 音楽大学オーケストラ・フェスティバル 2017

https://www.ongakunomachi.jp/event/24779/

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »