カテゴリー「書籍・雑誌」の235件の記事

2015年10月 1日 (木)

「コンサートは始まる」を20数年ぶりに再読

ボストン響の音楽監督の交代についてのブログ記事を拝見し、その流れでボストン響のWikipedia英語版を眺めていて、たまたま小澤征爾、ボストン交響楽団の項目が目に入った。英語版の記事の筆者は、他の音楽監督時代に比べて、ボストン響の小澤時代に対して相当手厳しい筆致で詳細に描写しており、改めて驚いた。

英語版 Boston Symphony Orchestra

Ozawa's tenure involved significant dissension and controversy.

A more basic concern involved perceived shortcomings in Ozawa's musical leadership; as Sandow wrote in the 1998 article, "what mattered far more was how badly the BSO plays."  He noted that a group of Boston Symphony musicians had privately published a newsletter, Counterpoint, expressing their concerns; in the summer of 1995 concertmaster Malcolm Lowe and principal cellist Jules Eskin wrote that in rehearsal Ozawa gave no "specific leadership in matters of tempo and rhythm," no "expression of care about sound quality," and no "distinctly-conveyed conception of the character of each piece the BSO plays."

英語版 Seiji Ozawa

Ozawa caused controversy in 1996/97 with sudden demands for change at the Tanglewood Music Center, which caused Gilbert Kalish and Leon Fleisher to resign in protest. A controversy subsequently developed over various perceptions of the quality of Ozawa's work with the BSO.

この手厳しい書き方に触発され、今から20年以上前に発刊された頃に図書館か何かで借りて一度読み、その後数年前にBookOffで目に留まり購入して積読(つんどく)にしておいた

コンサートは始まる―小澤征爾とボストン交響楽団  1989/12/1 カール A.ヴィーゲランド (著), 木村 博江 (翻訳)

が思い浮かび、再読した。1990年頃というのは、自分にとってつい最近のように考えてしまうが、省みればもう25年も前、ふた昔以上も前のことなので、改めて時の流れの速さに戸惑った。

1990年頃に読んだ時には、この本の縦筋の主題であるマーラーの「復活」についてもそれほど聴き込んでいなかった。それに、今回の再読時にも感じたが、多分英語の原著の未整理で気取った調子をそのまま日本語に翻訳しただろうと思われる訳文も、主張と理由の前後関係が曖昧だったり、時系列がすんなりと頭に入ってこなかったり、さらに音楽経験者の原著・訳書というのにトランペットのC管とF管の音程差が、三度関係と書かれているのも四度の間違いではないかと思ったりで、細かいところはいろいろ気にはなった。初読の頃にはこれらが邪魔になりあまり頭にすんなりと入ってこなかった。

このように読む側の知識不足や、原文・訳文の未整理、さらに小澤征爾がどちらかというとヒールとして描かれている部分が気になり、読み終えてからも、隔靴掻痒で、理解が追い付かないような印象が残っていて、爽快感がなく相当フラストレーションが溜まる本だったので、購入後に再読する気が起きなかったのだった。(そういう意味では、私は小澤征爾氏の「成功ストーリーのファン」ではある。)

その後、時折背表紙が目に入ったときなど、この本の内容を思い浮かべるときは、小澤征爾とトランペット奏者の対立関係が第三者的にも不愉快なものだったことくらいだった。読んでから入手して聴いたマーラーの第1、4番もそのトランペット奏者らが参加しているのだろうが、不愉快な人間関係でストレスを抱えながら演奏する指揮者と楽団員の不幸な関係をどうしても想起してしまったことも思い出す。小澤とボストンのマーラーは、その印象も多少影響しているのだろうが、あまり愛聴しているとは言えない。(1番4番

ただ、今回読んでみると、ボストン時代と、ウィーン国立歌劇場時代を過ぎ、さらにサイトウキネンフェスティバルが2015年にセイジ・オザワフェスティバルに名前を変えた今日からの視点でみると、さもありなんという感じになるから不思議だ。

それでも小澤征爾の業績を振り返ったときには、このノンフィクションの記載は相当重要であろうとは思ったりもする。

今回改めて読んでみて思ったのは、アメリカのオーケストラの「労働組合」の時間制限というものの、芸術的な意味での非効率さというものは凄まじいものだということだった。

小澤より一二世代前のトスカニーニ、クーセヴィツキー、ライナー、セル、オーマンディらの暴君的・専制君主的な圧政への反省が、そのようなシステムをもたらしたのだろうし、日本における日教組が唱えた「教師=労働者」と、「教師=聖職者」論の対立の構図と似通ったところがあるのだろうが、工場労働者が「製品」を作り上げるのとは違い、再現芸術としての音楽を創造しさらにまた人間を教え育てるというような「人間的な」任務・仕事に対してマルクス的な疎外された労働者像を押し付ける見方の間違いや非親和性、限界を感じる。

むろん、演奏力、創造力、教育力などのの能力には大きな差があり、それをオーケストラや学校という集団作業で行う時の軋轢によって、個々の奏者や教師、生徒に平等ではない軋轢が生じ、プレッシャーがかかることは避けられないが、それを「労働時間」として規制するという考えた方にそもそも矛盾がある。基本的人権たる部分は尊重され保護されながらも、突き詰めた仕事・任務というものがもたらす価値のようなものが見逃されがちとなるからだ。

オーケストラ奏者(いわゆる正規組合員)への手厚い保護の一方で、意外なのは同じ音楽に奉仕しながら、合唱団はアマチュア、ヴォランティアとして無償で参加するという習慣(これは、先日聴いた東京交響楽団の「復活」でも同じだった。)、いわゆる労働界においても、正規、非正規労働者の間の差別のような側面の要素もあるのではなかろうか。ただ、ヴォランティア合唱団の方が、音楽的訓練や能力は低くとも、献身性の点では価値があるようにも思ったりもする。(器楽と歌、特にコーラスの地位の差。)それが音楽的な実質とどうつながるかが難しいところだが。

この本は必ずしも「小澤批判本」ではないが、それまで順風満帆だと伝えられていた小澤ボストンの関係が必ずしもそうではなかったことを日本に伝え、衝撃を与えたものではあるだろう。このような人間臭い毀誉褒貶は、「出る杭は打たれる」という諺が洋の東西で変わらないものだということの再確認でもある。(バーンスタインの暴露的な伝記もヒドイものだったのを思い出す。)

さて、上記のWIKIPEDIAの記事に戻ると、その「主張」「批評」は、主に上記の書籍でも言及されたボストンの日刊紙の批評家による小澤批判をリライトしているように思われる。百科事典的には少々感情的すぎる文章である。小澤ボストンのフィリップスの「春の祭典」への一評論家の意見を引いて攻撃することもあるまいに。確かに「自発性」という観点からは、その批判ももっともかと思うが。

なお、Wikipediaの記事にあった、マルコム・ロウというコンサートマスターによる小澤批判は書籍ではまだ書かれておらず、さらにタングルウッドの運営についてのあのセルとの共演で知られるレオン・フライシャー等とのいざこざも書かれているが、まだ起きてはいなかった。小澤征爾のボストンからの2002年の音楽監督辞任までいろいろトラブルが沢山あったのだなあと思う。

そのためか、ボストン響史上最長の音楽監督にもかかわらず、「桂冠指揮者」 conductor laureate/ laureate conductor の称号は授与されていない。

追記:ボストン響のホームページにあたると桂冠音楽監督だった。まったく恥ずかしい!

Seiji Ozawa Music Director Laureate

                   

Seiji Ozawa is Music Director of the Vienna State Opera since the 2002/2003 season and is an annual and favored guest of the Vienna Philharmonic Orchestra. Prior to his Vienna State Opera appointment he served as Music Director of the Boston Symphony for 29 seasons (1973-2002), the longest serving music director in the orchestra's history. Mo. Ozawa is also Artistic Director and Founder of the Saito Kinen Festival and Saito Kinen Orchestra (SKO), the pre-eminent music and opera festival of Japan and in June 2003 it was announced that he would be Music Director of a new festival of opera, symphony concerts and chamber music called "Tokyo no Mori" which had its first annual season in February 2005 in Tokyo. The 4th season opera in April 2008 was Eugene Onegin. In 2000 he founded the Ozawa Ongaku-Juku in Japan, an academy for aspiring young orchestral musicians where they play with pre-eminent professional players in symphonic concerts and fully staged opera productions with international level casting. The Ongaku-Juku opera for July 2009 will be Hansel and Gretel.

 

In 2004, Maestro Ozawa founded the International Music Academy - Switzerland dedicated to training young musicians in chamber music and offering them performance opportunities in orchestras and as soloists. Its first season was at the end of June and beginning of July 2005 and its 6th season will be June 25-30, 2009. Since founding the Saito Kinen Orchestra in 1984, and its subsequent evolution into the Saito Kinen Festival in 1991, Mo. Ozawa has devoted himself increasingly to the growth and development of the Saito Kinen orchestra in Japan. With extensive recording projects, annual and world-wide tours, and especially since the inception of the Saito Kinen Festival in the Japan "Alps' city of Matsumoto, he has built a world-class and world-renowned orchestra, dedicated in spirit, name and accomplishment to the memory of his teacher at Tokyo's Toho School of Music, Hideo Saito, a revered figure in the cultivation of Western music and musical technique in Japan. The Saito Kinen Festival was from August 26-September 9, 2008 featuring concerts as well as staged performances of Cunning Little Vixen, with Maestro Ozawa as conductor.

 

During 2007/2008, Maestro Ozawa's appearances included: Far East tour of Le Nozze di Figaro with Vienna State Opera [Shanghai, Seoul, Taipei, Keohsiung and Singapore]; Orchestre National de France concerts in Paris and at Besançon, Pique Dame with the Vienna State Opera; followed by Tannhäuser with the Opera National de Paris; Berlin Philharmonic European tour [Berlin, Paris, Lucerne and Vienna]; Zauberflöte für Kinder in Vienna; Elektra with Teatro Comunale di Firenze; Berlin Philharmonic concerts for the Salzburg Easter Festival; Japan performances with Tokyo Opera No Mori [Eugene Onegin]; Ongaku-Juku performances of Die Fledermaus followed by Saito Kinen concerts and staged performances of Cunning Little Vixen. Maestro Ozawa will be at Vienna State Opera in the 2008/2009 season with Pique Dame in September and October, followed by a tour in Japan with the Vienna State Opera in a production of Fidelio. November and December marks his return to the Metropolitan Opera, conducting Queen of Spades, as well as appearing with the Boston Symphony Orchestra in late November. January 2009 he performs with the New Japan Philharmonic in Japan, returning to Europe for a performance with Vienna Philharmonic Orchestra at Salzburg's Mozartwoche on January 24, followed by concerts with the Berlin Philharmonic Orchestra. He appears with Orchestre de l'Opéra de Paris at the Bastille on February 7, returning to Vienna for Zauberflöte für Kinder on February 20 followed by Vienna State Opera's Eugene Onegin in March. During April he will be in Japan for performances with the New Japan Philharmonic, Ongaku Juku and the Mito Chamber Orchestra. Returning to Paris in May, he conducts the Orchestre de l'Opéra de Paris with Renee Fleming on May 7; then tours with the Berlin Philharmonic also in May. Maestro Ozawa returns to Vienna State Opera for Eugene Onegin in late May/early June and following this period he has concerts in June with the Vienna Philharmonic. He will conduct and hold classes at his Swiss Academy June 25-30, returning to Japan for Ongaku Juku performances of Hansel and Gretel at the end of July followed by the War Requiem and concerts during the Saito Kinen Festival between August 26 and September 9, 2009.

 

Born in 1935 in Shenyang, China, Seiji Ozawa studied music from an early age and later graduated with first prizes in both composition and conducting from Tokyo's Toho School of Music. In 1959 he won first prize at the International Competition of Orchestra Conductors in Besançon, France, where he came to the attention of Charles Munch, then the Boston Symphony music director, who invited him to Tanglewood, where he won the Koussevitzky Prize as outstanding student conductor in 1960. While working with Herbert von Karajan in West Berlin, Mr. Ozawa came to the attention of Leonard Bernstein, who appointed him assistant conductor of the New York Philharmonic for the 1961-62 season. He made his first professional concert appearance in North America in January 1962, with the San Francisco Symphony. He was music director of the Ravinia Festival, summer home of the Chicago Symphony (1964-69), music director of the Toronto Symphony (1965-1969) and music director of the San Francisco Symphony (1970-1976). He first conducted the Boston Symphony in 1964 at Tanglewood and made his first winter subscription appearance with them in 1968. He was named Artistic Director of Tanglewood in 1970, Music Director of the Boston Symphony in 1973, leaving a legacy of brilliant achievement evidenced through touring, award-winning recordings (more than 140 works of more than 50 composers on 10 labels), television productions (winning 2 Emmy awards), and commissioned works.

 

Through his many recordings, television appearances, and worldwide touring, Mo. Ozawa is an internationally recognized celebrity. In recent years, the many honors and achievements bestowed upon Mr. Ozawa have underscored his esteemed standing in the international music scene. French President Jacques Chirac named him (1999) Chevalier de la Légion d'Honneur, the Sorbonne (2004) awarded him Doctorate Honoris Causa and he has been honored as "Musician of the Year" by Musical America. February 1998 saw him fulfilling a longtime ambition of joining musicians around the globe: he led the Opening Ceremonies at the Winter Olympics in Nagano, Japan, conducting the "Ode to Joy" from Beethoven's Ninth Symphony with the SKO and six choruses located on five different continents - Japan, Australia, China, Germany, South Africa, and the United States - all linked by satellite. He received Japan's first-ever Inouye Award (1994), named after Japan's pre-eminent novelist, recognizing lifetime achievement in the arts. 1994 also saw the inauguration of the new and acclaimed Seiji Ozawa Hall at Tanglewood. Mo. Ozawa also has been awarded honorary degrees from Harvard University, the University of Massachusetts, Wheaton College, and the New England Conservatory of Music.

               

 

その間の録音はあまり聞いたことがないが、少なくともツィメルマンとのラフマニノフの「第1番」の協奏曲の伴奏などは見事なものだったが。

--------

同書に対する感想(ネット検索で見つけて読んでみたもの)

http://blogs.yahoo.co.jp/shimabunbun6944/30346959.html

http://blog.livedoor.jp/akiravich/archives/51095423.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

小学館 モーツァルト全集のCDを夏の帰省時に持ち帰った

初秋を知らせてはくれるが、少々煩いアオマツムシが樹上で鳴き始めた。熱帯性のデング熱の感染が日本でも確認されたことがニュースになっているが、同じく熱帯性のアオマツムシはすっかり亜熱帯の南関東の風物詩になってしまっている。

1991年のモーツァルト没後200周年を記念して発刊された小学館のモーツァルト全集15巻+別巻(CD190枚組)。オランダのPhilips社のCDによる Complete Mozart Edition (こちらは180枚組。おそらく小学館の10枚はモーツァルと以外の作曲家の作品10枚分が多いのだろう)をベースにして、モーツァルト学者の海老澤敏氏を中心とした著者陣が生涯、作品論、18世紀の文化・世相などを記述・論述した浩瀚な書籍が全16巻にも上るもので、各冊が美麗なハード函の中に納められている。CDは最大4枚入りの通常のCDケース2個が薄目のカートンに入り、そのカートンが縦置きで2個ずつ(1函にケース4個で、CD最大16枚収納)が書籍に並んで収納できるようになっていて、その書籍とCDを同梱した函の厚みが各巻10cmほどある。すべて横に並べると横幅が160cmにもならんとする。

就職してからある程度経験を積んだ年齢にもなり、全巻予約すれば、分売よりも数万円も安く買えるというので、数年の刊行期間の間に転勤になったときのことも書店で相談に載ってもらい(ただ、今思えば覚書などは交わさなかった)、一括払いで購入したものだった。当時はまだ独身寮生活だったので、それなりに自由になる金銭があったので、このようなまさに言葉通り、趣味のための贅沢な買い物ができたのだが、結婚後や育児期間中では無理だっただろう。ただ、別巻(モーツァルトとその周辺)は、全巻完結後の分売だったはずで、無理して買ったような記憶がある。(結婚後に同じく発売された小学館のバッハ全集は、管弦楽・協奏曲の巻を妻がプレゼントしてくれたのだが、さすがに他の巻は買えなかったし、講談社のベートーヴェン全集はカタログを見ただけだった。)

それ以来、2000年に現在の住居に引っ越す際に、学生時代から独身時代にかけての多くの書籍類と一緒に実家に置かせてもらったまま、時折帰省したときにつまみ聞きをしただけで、「モーツァルト」本を読んだ際に、手持ちのCDコレクションにその曲が無いと、全集があれば聴けるのになどと思うことがままあった。

既にiTunesでHDDに取り込んでの音楽鑑賞に慣れてから10年近く経過していたこともあり、以前にはPCとHDDを持ち帰り、時間のあるときに実家に行ってPCリッピングをしようかというアイデアがあった。今回はクルマで帰省するので、書籍ごと15冊全て持ち帰ることも考えたが、ただでさえ物が溢れていて片付かない集合住宅では置く場所も無い。せっせとテレビ番組をBDにダビングしているが、その時に使っているBDを入れる書籍型のケースのことを思い浮かび、96枚入りを2冊購入し、すべてCDケースから移し替えて持ち帰ってきた。

R0015182

現在、48枚をiTunesでリッピングしたところ。

併せて、実家に置いてあったオカールの「モーツァルト」、同「比類なきモーツァルト」、井上太郎の「モーツァルトのいる部屋」、「わが友モーツァルト」を持ち帰った。A.アイシュタインと海老澤敏の似た装丁の大冊2冊は置いてきた。

オカールの2冊もちょうど1991年頃に買ったもので、当時は少々小難しく、ざっと読んだだけだったが、今回改めて読み直してみると、さすがに読み応えがある。とはいえ、「比類なき・・・」は独特の用語(フランス語の原書で使われている重要な概念を表す術語に、日本語として対応するこなれた言葉が無かったのかも知れない)が多く用いられ、まだ隔靴掻痒的な感じは残った。

さて、「全集」の詳細は以下の通り。

「全集」でもなければ聴く機会のほとんどない、第2巻、第3巻は今のところ、ことに興味をそそられ面白いが、古くはブレンデルとマリナーのピアノ協奏曲全集を購入(これはこの「全集」を購入後、友人にプレゼントした)して楽しんだことのあるウィーン時代初期(1782-1784年)の11番から19番の協奏曲(K.413-K.459) が懐かしい。特に11番から16番は久しぶりに聴いた。モーツァルトが、「音楽の玄人にも素人にもその人なりに楽しめる」ように書いたと手紙で父に知らせ、自作自演でウィーンで大人気を博した曲だが、20年ほど経過した後で、久しぶりに聴いてもとても楽しい。

(CD1~12) /モーツァルト全集1 交響曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110019

R0015184_2

(CD13~24) /モーツァルト全集2 セレナード、ディヴェルティメント
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110027

(CD25~36) /モーツァルト全集3 管楽セレナード、管楽ディヴェルティメント、舞曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110035

(CD37~48) /モーツァルト全集4 ピアノ協奏曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110043

(CD49~60) /モーツァルト全集5 ヴァイオリン協奏曲、管楽のための協奏曲、管楽のための室内楽曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110051

(CD61~73) /モーツァルト全集6 弦楽のための室内楽曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:409611006X

(CD74~85) /モーツァルト全集7 ピアノをともなう室内楽曲、ヴァイオリン・ソナタ
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110078

(CD86~97) /モーツァルト全集8 ピアノ曲
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110086

(CD98~108) /モーツァルト全集9 宗教音楽〈1〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110094

(CD109~119) /モーツァルト全集10 宗教音楽〈2〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110108

(CD120~130) /モーツァルト全集11 オペラ〈1〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110116

(CD131~141) /モーツァルト全集12 オペラ〈2〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110124

(CD142~153) /モーツァルト全集13 オペラ〈3〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110132

(CD154~165) /モーツァルト全集14 オペラ〈4〉
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110140

(CD166~178) /モーツァルト全集15 コンサート・アリア、歌曲他
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110159

(CD179~190) /モーツァルト全集 別巻 モーツァルトとその周辺
著者名:海老沢敏 監修:エリック・スミス
出版社:小学館  ISBN:4096110167

R0015183_2

--------
2014/9/22追記
The Compact Complete Mozart Edition (デッカのサイト)を発見した。

各トラックデータに録音データ、演奏者等が詳しく掲載されている、優れもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

天の梯(そらのかけはし) みをつくし料理帖⑩

8月9日(土)発売予定ということを知っていたが、台風の影響もあり書店には行けず、ようやく今日の昼休みに購入できた。

前巻で、この巻が最終回だということは予告されていたため、これまでの様々な出来事がどのように収拾が付けられるのか気になっていた。

帰宅後読み始めて一息に読んでしまった。10巻通して、心温まるよい時代小説だった。

P.S.

発売直後なので、詳しい感想は別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

テレビドラマ「みをつくし料理帖」と原作

先月放送されたテレビドラマ(テレビ朝日系)。

2012年に放送された時も見ていたのだが、題名を見てもほとんど忘れていた。長男がよく覚えていて、ブルーレイ録画機で録画しておいたので、しばらくしてからその録画を見てみたところ、2年前に一度見ただけだったが、主演の北川景子や貫地谷しおり、原田美枝子、大杉蓮、平岡佑太、松岡昌宏などの登場人物やいくつかの場面が思い浮かぶほどで、結構面白く見ることができた。見終えた後、妻が長男に図書館でこのドラマの原作を借りてきて、そのお相伴にあずかり、読み始めたところ、これが大層面白い。

作者は、高田郁(かおる)とあった。そういえば、この前まで熱心に見ていた江戸時代の浪花のあきんど物のNHKのテレビドラマ「銀二貫」が同じ原作者だったと思い至り、その面白さにも合点が行ったのだった。

「みをつくし料理帖」の方は、ハルキ文庫の書き下ろしシリーズでこれまでに第9巻までが発売されていて、図書館で借りられたのは、第7巻と第9巻以外だったので、通して読みたくなり、書店で新刊を購入した。

一息に読み終え、今は8月に発売予定の最終巻を楽しみに待っているところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

村上龍「歌うくじら」 (講談社文庫の新聞広告を見て)

花の香も野分とともに消え去りぬ

----------

村上龍の「歌うくじら」と宮部みゆき「小暮写真館」が大きく宣伝されていた。白黒ながら、表紙の図案も見覚えのあるもので、記憶がよびさまされた。(それに対して、電子ブックの記憶の喚起力というものの弱さを意識してしまう。音楽も実演よりもLP、LPよりCD、CDよりもジャケットの無いmp3の順で記憶が弱まるように思う。)

「小暮」の方を読んだ後に、このブログに感想を書いたが、その後NHKでドラマ化もされ、それも見た。子役時代から活躍している演技派の若手俳優 神木竜之介が主演だった。それなりに面白かった。

結構印象に残っていたのだが、「歌うくじら」のことは感想文にしていなかったようだ。妻が図書館から借りてきたもの。いつ頃読んだのだったか。村上龍の比較的最近の作品では、わざわざ単行本で書店買いした「希望の国のエクソダス」は直近の未来を扱ったSF的設定でそれなりに面白かったが、この「歌うくじら」もそれとは設定が全くことなるが、近未来を舞台にしているアンチ・ユートピア的な小説だった。メタファー的に「歌うくじら」が用いられていたように記憶しているが、冒険小説的なストーリーが「それなり」に面白かったのを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

“青空文庫を縦書きで読む” 「青空+BinB」が公開 というニュース

青空文庫を縦書きで読めるリーダーは、これまでも利用可能で、以前使わせてもらっていたことがあったが、とうとうブラウザー上でも読めるようになったということだ。

青空+BinB http://binb.jp/aozora/

このサイトでそのまま読める。

ちなみに、アクセスランキングは以下の通りとのことだ。

青空文庫XHTML版 アクセスランキング(2013.08.01-2013.08.31)

1 こころ 夏目 漱石
2 風立ちぬ 堀 辰雄
3 走れメロス 太宰 治
4 〔雨ニモマケズ〕 宮沢 賢治
5 舞姫 森 鴎外
6 吾輩は猫である 夏目 漱石
7 蜘蛛の糸 芥川 竜之介
8 人間失格 太宰 治
9 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
10 ドグラ・マグラ 夢野 久作

------------------
紹介記事は以下の通り。

http://current.ndl.go.jp/node/24498

株式会社ボイジャーが、青空文庫に登録されている書籍を検索し、ブラウザ上で縦書きで読むことができるサイトを2013年9月30日に公開しました。

このサイトは電子書籍読書システム“BinB”を導入しており、文字サイズの変更など、ブラウザ上でアプリ同様の動作を利用できます。

青空文庫のXHTML版のアクセスランキングも表示されており、リンクから直接作品を閲覧することができます。著者名から収録作品の一覧も確認できます。登録作品数は著作権が存続するものを除いた11,000タイトル以上とのことです。

青空+BinB
http://binb.jp/aozora/

BinB
http://binb-store.com/

【おしらせ|青空+BinB】
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=532242666854154&set=a.274835249261565.66143.137041543040937&type=1

参考:
株式会社ボイジャー、HTML5ベースの電子書籍読書システム“BinB”を公開
http://current.ndl.go.jp/node/19695

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

2冊組105円で買ったハリポタ第7巻(最終巻)を読んだ

しばらくブログ更新を怠ってしまっていた。ネット接続はしていたのだが、WebのLogに書き付けたいという意欲が低下していたようだ。ちょうど歌舞伎の市川海老蔵氏(35才)がブログを初めてそれにはまったのと逆な感じだ。

さて、久しぶりに書くネタだが、ベストセラーこそ数年後には古書店で投げ売りされることがある、という当たり前の内容である。

ハリー・ポッターシリーズの最終巻である第7巻は以下のように読んで、第6巻まではハードカバーで購入していたのだが、これまで第7巻は買わずじまいだった。

2008年10月12日 (日) 『ハリー・ポッターと死の秘宝』 日本語版を読んだ

2008年7月24日 (木) 7/23 ハリポタ最終巻日本語訳が発売されたが

2007年7月21日 (土) ハリー・ポッターシリーズ最終作 発売

ところが、大阪のユニバーサル・ランド・ジャパン(USJ)にハリポタのアトラクションができるらしく、その宣伝のために映画の再放送が地上波で始まり、家の者が再びハリポタを読み始め、第7巻を読みたがったため、ブックオフで安く買えるだろうと探してみたら、なんと2冊組新品で3,990円のものが、比較的良好な状態の初版本でなんと105円だったのだ。

また、最近村上春樹の最新作が書き下ろしの単行本で発売され、その売れゆきが凄いという話があり、そういえばと思って「2009年7月23日 (木) 図書館で借りて『1Q84』(村上春樹)を読んだ」のだが、こちらも廉いだろうかと思って探してみたら、第1巻はやはり105円で売られていた。第2巻は1000円の値札だったが。文庫本も発売されてはいるが、ベストセラーの古本は何と安くなることか。需要と供給の模範例だろうが、何だかとても空しい気分にもなる。

ところで、読後感だが、世間がワイワイ騒いでいるころよりも、こうして距離を置いた感じで読む方が、すんなり頭に入ってくるように思った。どうしてだろう。ハリポタにしても、こんなに細かく描かれていただろうかと驚くほどだったし、1Q84の方も構成の特異さにも慣れたこともあるのだろうが、わりとすんなりと味わえるように思える。これは第2巻、第3巻をすでに読んだことも影響があるのかも知れない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

テレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖 」(1/14 夜9時 フジテレビ)

以前記事で取り上げたたことのある小説がドラマ化された。

我が家ではこのドラマの番宣が放送されたのを見て、主演女優のボーイッシュな剛力彩芽と、原作のヒロインのイメージ(文庫本の表紙のイメージが刷り込まれている人が多いと思うし、本文の極端な内気さと古本に関するときのスイッチ切り替えのような雄弁さ、推理能力のギャップ)とが食い違いすぎるのではと感じていた。

大雪が治まった1/14の夜第1回が放映されて、珍しく録画ではなく、リアルタイムで視聴した。

まずはオープニングのCGによる古本屋の本棚からハードカバーの本がバサバサと落ちる映像に、「ああ、この番組の関係者には、愛書家、読書家はいないのだろう。動きがほしかったのだろうが、CGとは言え本が傷むような映像を使うなんて。本もろくに読まないようなテレビ局員がまさに生活のためにいやいや作っているのだろうな。」というイメージを持たされてしまった。世の読書家に喧嘩を売っているのだろうか?

そもそもドラマや映画というものは、脚本家の好みや撮影やキャストのバランスなどの都合で、原作を大幅に変更するのが常なので、おそらくこれもそうだろうと予想していたが、想像以上の改変ぶりだった。

違和感のあるキャスティングは、ヒロインだけでなく、主人公の五浦にも及んでおり、長身なのはよいとしても、柔道の有段者の大男の面影はなかった。さらにひどいのは、古書店の家族構成で、ヒロインと妹ではなく、なんと弟。一見すると線の細い少年なのだが、彼が病弱でもなければ重量のある書籍でも彼に任せれば、五浦を雇う必然性はないだろうに。さらにあり得ないことに原作ではホームレスのセドリヤの志田(高橋克実)が古書店に住み着いているという設定もあるようだ。

原作のヒロインの人物造形上欠かせない重要で、ビブリオマニアの妄執を象徴するシリアスなエピソードである脚の怪我も省かれ、さらに原作にない余計な喫茶店の登場人物たちが絡んできている。これは多少些末だが、五浦の実家も祖母が経営していた食堂ではなく、古いながらそれなりに広い鎌倉の一軒家と来ている。

原作の漱石の「それから」のエピソード自体は、それなりに消化され、整理されてはいて、ドラマ単独で見た人にはある程度の評価が得られたとは思うが、愛読者にとってはこのドラマは原作とは完全に別ものの、最近見たドラマ的にいえば「パラレルワールド」に存在する「ビブリア古書堂」で起きている物語と見るのが精神衛生上よろしいだろう。

返す刀で切ってしまうが、このように設定を切り刻まれ改変されることを了承するというのは、出版社などのしがらみはあるのだろうが、原作者に対しても残念な気持ちを抱いてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

『トリスタンとイゾルデ』にはなかなか馴染めないが

現在、音盤(CD)としては、フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管のものと、カルロス・クライバー指揮シュターツカペレ・ドレスデンのものが手元にあるのだが、十分聴きこめているとは言えない。 特に後者は、クライバーの逝去時に購入したものなので、相当時間が経過している。

Ckleiber_tristan1Ckleiber_tristan2


 

Tristan_und_isolde_librettoさらにさかのぼれば、学生時代に、FM放送で年末にバイロイト音楽祭を聴いていたころからの付き合いで、「トリスタンとイゾルデ」の対訳リブレットまで購入していたので、相当の長い付き合いにはなる。

楽曲としては前奏曲と愛の死は、多くのワーグナー管弦楽名曲集にはほとんど収録されているので、馴染みになっているが、楽劇全体としてはまだじっくりと腰を落ち着けて味わったという実感が得られていない。

さて、以前にもケルト関連でこのブログで書いたかも知れないが、ワーグナー(ヴァーグナー)が題材とした神話・伝説の類は、ゲルマン神話だけではないようだ。

例の「アーサー王」伝説の源流はケルト系のものだとされているが、以前購入して冒頭を何度か読みながらなかなか読み進めなかった 井村君江の『アーサー王ロマンス』(ちくま文庫)を、最近取り出してきて再読してみた。この本にこの「トリスタンとイゾルデ」「パルジファル」の項目があることは知っていたが、ようやく「トリスタンとイゾルデ」「パルジファル」が登場する部分まで読むことができた。子どもでも読める易しい文体で書いてあるのだが、騎士や王、王女などが沢山登場するので、把握には結構苦労する。(なお、トリビアながら、トリスタンとは「悲しみ」という意味だという。あの ゲオンの言うモーツァルトのtristesse allante のトリステスと同じ語源なのだろう。)

この井村の本に詳しいが、アーサー王伝説は、本国である大ブリテン島のみならず、大陸では特にフランスでもさまざまな伝承が付加され、ドイツでも受容されたとのことで、西ヨーロッパ圏では共通的な伝説・説話になっているもののようだ。現代の西欧人がどのようにどの程度受容しているのかは知らないが、教養のあるヨーロッパ人にとってはおそらく基本的な知識ではあるのだと想像する。

自分があまり知らないだけではないかとも思うが、アーサー王伝説とワーグナーの関連については、私の父もつい近年欧米の子供向けに書かれたアーサー王伝説の翻訳本を古本で入手し読み始めてそのことに気付いたと言っているように、一般には割と意識されていなかったのかも知れない。私たちが知らなかっただけだとは多いに思いいたるふしはあるが、それでも音楽書を相当読み込んではいるので、この関連の重要性は知る人ぞ知るだったのではあるまいか、などとも自分を慰藉してみたりもする。ワーグナーの音楽がゲルマン神話をもとにして、ゲルマン民族主義を高らかに歌い上げたというような偏った知識はあっても、このヨーロッパの中世以来の有力な説話であるアーサー王伝説との関連について強調した読みものをあまり目にしたことがないように感じている。(追記:上記のオペラ対訳シリーズの冒頭の高木卓氏による解説には、このトリスタン説話がフランスのブルターニュ地方に淵源を持ち、中世のドイツの詩人ゴットフリート・フォン・シュトラスブルグが叙事詩にしたことは述べられているが、アーサー王説話の一節に入っていることは述べられていなかった。昭和38年第1刷、昭和58年第8刷。追記:ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ

Wagner_critical_biography今年は、ワーグナー、ヴェルディの生誕200年であり、日本でもワーグナーの音楽は盛んにやられるだろうが、解説書には少なからず触れてはあるものの、トリスタンとイゾルデの悲恋、パルジファルの聖杯探究が、もとはアーサー王伝説のエピソードに含まれたものであり、そのドイツ語訳されたものをワーグナーが自ら枝葉末節を整理した形で、戯曲化し、それを楽劇化したということは知っておくべきだろうと思う。これは自戒だ。

おそらく、ヨーロッパの一般の人々でも、おとぎ話・説話として共通知識であるこれらの物語を念頭におきながら、ワーグナーによる「近代化」や変容の結果である楽劇を享受しているのだと思うが、そのような基本的なバックボーン無しに近代的な視点から近代人のワーグナーがあのような矛盾を抱える「神話」を創作したとみなしてしまうと、「トリスタン」や「パルジファル」は容易に鑑賞できないのではあるまいか?この部分が私にとっては躓きの石だった。

さらに、「パルジファル」の聖杯探究も、キリスト教神秘主義に関わるとされることもあるようだが、実際は西ヨーロッパにおけるキリスト教受容での特殊性(女神崇拝からの聖母マリア崇拝などや多神教的な聖人崇拝)に含まれる偶像崇拝に基づく聖遺物崇拝も思い起こされれてもよいのではなかろうか?

このような理解や方向性が正しいとは言えないけれど、自分なりに納得することで、不可思議で理解しがたい戯曲でもある「トリスタン」や「パルジファル」が、少しは鑑賞の視野に入ってくるようになってきたように感じている。

そのこと自体ある民族や国民の中では当たり前すぎてあまり表だって語られないが、日本人も当然含まれるが、諸民族・諸国民には、他の民族・国民はあまり知らない何か重要な共通神話(共同幻想のようなもの)がバックボーンとしてあるのかも知れないなどとも、考えたりした。

追記:「ローエングリン」は、パルジファル(パーシヴァル)の息子とされているので、これもゲルマン神話ではなく、アーサー王伝説につながるもののようだ。

ネットで、「アーサー王伝説 ワーグナー」で検索すると多くの情報がヒットする。

http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text3.htm

私のような「ゲルマン神話」だとの思い込みは、少々気恥ずかしいことだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

エイドリアン・ボウルトのドイツ音楽録音集 From Bach to Wagner

昨年11月、最寄の中古品店で、ブラームスの「セレナード第1、2番」のCDを購入した。指揮者は、サー・エイドリアン・ボウルト(一般的にはボールト)。ネットで検索してみたら、2006年に、リンクさせてもらっているBlogoutさんが取り上げられたCD の記事が見つかり、その記事に私がコメントさせてもらっていたのだった。

この2曲のセレナードは、中高生の頃にアバドの指揮のものをラジオで聴いたことがあったはずだが、あまり印象に残らない曲だった。

今回、改めて聴いてみたら、何ともしみじみとしたいい曲ではないか。

同時に収録されているアルト・ラプソディー、悲劇的序曲、大学祝典序曲、ハイドンの主題による変奏曲も、ボウルトの指揮する演奏がブラームスにしては何とも風通しのよい音楽で気に入った。

ボウルトは、ホルストの「惑星」の初演で知られる指揮者だが、上記のBlogoutさんの記事へのコメントでも自分で書いたように、ドイツに留学してニキシュなどの薫陶を受けたこともあり、特にブラームスの音楽の指揮は格別のものとされていたということを読んだことがあった。

このセレナーデ2曲を聴いてみて、ボウルトのブラームスが俄然聴いてみたくなり、調べたら表題のボックス ( Sir Adrian Boult From Bach to Wagner) が発売されているのを見つけた。HMVに注文したところ、お取り寄せになってしまいなかなか配達されないので、amazonを見たらさらに廉価で在庫ありというので、HMVがキャンセル可能だったのでキャンセルして amazonに注文したところすぐ発送され、12月中旬に届いた。

期待にたがわず、これはなかなか素晴らしい。

1972年録音のロンドン・フィルとのバッハのブランデンブルク協奏曲。あのデイヴィッド・マンロウがリコーダーで、2番と4番に加わっているのだが、すでに当時としても時代錯誤的とも言いうる滑らかな演奏を聴くことができる。これがまた私には実にしっくりくる演奏だ。カラヤンほど現代オーケストラの美感を前面に押し出すのではなく、当時主流のカール・リヒターの禁欲的な演奏とも異なる、愉悦感と品格を兼ね備えた演奏。社交的な音楽として協奏曲を捉えた演奏とも言えるだろう。その点、昨今のピリオドアプローチに通じるものがあるのだが、攻撃性は無く、温かさと品格が感じられるのが、なかなかのものだ。(以下随時書き足す予定です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧