« ロドリーゴ アランフェス協奏曲 | トップページ | 利益窃盗ということ »

2005年3月 1日 (火)

ヘンデル ヴァイオリン・ソナタ集 作品1

handel_vnsonata handel_vnsonata_list

CD番号 PHCP-9641 462 343-2

演奏者 アルテュール・グリュミオー(Vn)  ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(cem)

録音 1966年1月2-5日 アムステルダム

モダンヴァイオリンと恐らくモダンチェンバロによる演奏。美音と端正な表現で鳴るフランコ=ベルギー派の名ヴァイオリニストによるヘンデルの作品1。通奏低音のチェロやヴィオラダ・ガンバは用いられていない。

ネットでもどうしても見つからないが、学生時代ミュージックカセットで、この作品1のヴァイオリンとフラウト・トラヴェルソのソナタの選集をよく聴いていた。アルヒーフ・プロドゥクツィオンのものだった。確フルートのニコレやカール・リヒター等と一緒に活躍していたビュヒナーがバロックヴァイオリンを担当していた記憶がある。フルーティストとチェンバロ、チェロは思い出せない。

検索を英語まで範囲を広げたが見つからなかった。(フラウトトラヴェルソ・ソナタで 日本の有田盤がアルヒーフから出たので、カタログ落ちしてしまったのかも知れない) その思い出があるため、このグリュミオーの演奏は当初は流麗過ぎ、時にはポルタメントも聞こえるなどロマンチック過ぎると感じていたが、やはりその美音には抗し難い。

なお、私の記憶にある「幻の録音」は掲載されていないようだが、この作品についての充実した聞き比べリストがあった。グリュミオー盤についてもコメントされている。 HANDEL ON THE WEB BBC - MUSIC - PROFILES GEROGE FRIDERIC HANDEL

P.S. 画像ファイルを2枚アップしたが、位置をHTMLで決めなければならないらしく、てこずった。

追記:同じ音盤の別記事。上記の古いカセットの演奏者が判明。

« ロドリーゴ アランフェス協奏曲 | トップページ | 利益窃盗ということ »

ディスク音楽03 アンサンブル」カテゴリの記事

コメント

https://kniitsu.cocolog-nifty.com/zauber/2006/05/1_6a64.html

ヘンデル ヴァイオリン/フルート ソナタ集

ヴァイオリンソナタ 作品1-3,1-10, 1-13
エドゥアルト・メルクス(ヴァイオリン)、エドゥアルト・ミュラー(チェンバロ、オルガン)、カール・シャイト(リュート)、アウグスト・ヴェンツィンガー(チェロ) 1968年5月 ヴィーンでの録音

フルートソナタ 作品1-1a, 1-9
ハンス・マルティン・リンデ(フルート)、カール・リヒター(チェンバロ)、ヨハネス・コッホ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 1969年12月 バーゼルでの録音

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル ヴァイオリン・ソナタ集 作品1:

« ロドリーゴ アランフェス協奏曲 | トップページ | 利益窃盗ということ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31