« ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」 ベルリンフィルによる録音のいくつか | トップページ | 小澤征爾氏の逝去を悼む »

2024年1月30日 (火)

新型コーヒーミルで焙煎豆を挽いて飲む

手挽きコーヒーミル 中国製のタイムモア TimeMore C2 Maxを年初に購入してから、コーヒーを淹れるのが面白い。

あらかじめ中細挽きで挽かれた粉売りのレギュラーコーヒーで淹れた場合に比べて、ミルで比較的細かく挽いても(C2 Maxで18クリック)お湯が滞留せずに素早くドリッパーから落ちてくれる。多分微粉の含有率が低いのだと思う。微粉が少ないとペーパーが目詰まりしないから、お湯の透過速度が速いのだと思う。粒度も揃っているように感じる。挽きの粗さを調節することにより、同じ豆でも味が微妙に異なるのが分かる。細く挽くと濃厚に、粗く挽くとスッキリとする傾向だ。ただ、お湯の温度、蒸らしの時間、ケトルから注ぐお湯の量など、味に影響を及ぼすファクターが様々で、マトリックスク的な管理表で採点でもしないと、なかなか満足する味のコーヒーが淹れられないし、さらに再現が難しい。

昨年末からこれまでに購入した豆。

  1. UCC モカ100% Medium Roast 200g  エチオピア産  賞味期限 2024.10.06 (スーパー店頭売り)
  2. 京都西京極 小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド  160g  有機ペルー中煎 25%, 同エチオピア同 20%, 同メキシコ同15%, 同ホンジュラス同15%, 同インドネシア同15%, 同ウガンダ同10% 賞味期限 2024.11.29   (スーパー店頭)
  3. UCC ゴールドブレンド スペシャルブレンド 250g  ブラジル、ベトナム産 賞味期限 2024.11.17 (スーパー店頭)
  4. スターバックス ハウスブレンド ミディアムロースト 味わいの強さ8、アラビカ種100% 250g コロンビア、グアテマラ産 原産国名ベトナム、輸入者 ネスレ日本 賞味期限2024.10(スーパー店頭)
  5. ジュピターブレンド 200g ブラジル、コロンビア、エチオピア、他 賞味期限 2024.06(ジュピターコーヒー店頭) 

ところで、コーヒーミルの世界は、2005年にドイツのミュンヘンで創立されたコーヒー焙煎の会社が、2013年にコーヒー調達旅行向けの携帯用のコマンダンテという名の高性能グラインダー(ミル)を開発し製造・販売を開始したことで、画期を迎えたようだ。現在、このミルは円高の影響もあり、日本ではamazonなどで、何と5万円近い価格で販売されている。

私が購入したTimeMoreや、1Zpresso KINGrinderなど、日本でよく売れているミルは中国本土製だが、価格的にはコマンダンテの半額から数分の1ほどの価格で売られている。

不思議なことに、日本製の手挽きミルにはコマンダンテに類似する金属刃タイプの携帯用コーヒーミルはほとんど製造されていないようだ。レトロな雰囲気の手挽きミル(携帯性はない)は、ドイツの老舗ザッセンハウスのものが売れているらしい。

日本のコーヒー用具の老舗メーカーのカリタや、ハリオ もコマンダンテや中国勢とは異なり、これらとタメを張るような製品を出していないのは少し寂しい。

2024年2月1日追記

ジュピターブレンドで甘みが感じられた(Xポスト 2024/1/31)

手挽きを本格的に始めてから、ハリオV60でのドリップではなかなか甘味が出なかったので、珍しい。

さて、新たなドリップのテクニックを試してみた。豆30gにお湯450ccの割合。

サーモボトル用コーヒーの淹れ方のYoutube(岩崎泰三氏のYoutube) (Xポスト2024/2/1)

コーノ式かなざわ珈琲のドリップというものがあるらしく、そのエッセンスは、最初の1/3の原液が本来のコーヒーの美味しい部分。(これをお湯で割る。)真ん中の1/3に雑味が混じる。最後の1/3は色の付いたお湯になるというもの。

1/3のお湯を計るために、デジタル式のキッチン秤でお湯の量を計りながら入れてみた。

スターバックスのハウスブレンドは、一貫して苦みが勝っていたが、これを応用すると驚くほど美味しいドリップが出来た。

また昨日、カルディコーヒーファームの 【焙煎珈琲】マイルドカルディ/200gを店頭で購入。生豆生産国:ブラジル、コロンビア他 ロースト:中煎り

昨日早速これまでの淹れ方で淹れてみたが、やはり苦みが勝った感じだった。今日、上記の方式で試してみたら、少し苦みが減った。この後で別々に淹れた2投目、3投目を飲んでみたが、2投目はいわゆる蘞い(刳い)味で、後味も悪い。3投目は、まさに色の着いたお湯だった。

同じ豆から抽出したとは信じられないほどに味の違いが出るとすると、蘞みの強い2投目は完全に排除する方がいいように感じる。抽出され切っていない豆は勿体ない気もするが、2投目はドリップに混ざらないようにする方がよいのではないか?

---------------------

なお、カルディの店頭売りのパッケージには賞味期限印字されていなかった。店頭売りの場合には表示義務がないという理由らしい。ただ、こういうところがコーヒー業界からいまいち不透明な感じを受ける所以ではなかろうか?

ただ、食品業界自体が自然に左右される生ものとのビジネスなので、無理もないのかも知れないが。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

2024年2月27日 追記

コーノ式かなざわ珈琲風のコーヒードリップは毎回実行するのはなかなか困難で、その後の試行錯誤の末に分かったのは、湯温を下げるという単純なコツだった。

それまで500ccを沸騰させた後に3分程度放置してからドリップを開始していたが、放置時間を5分間にしてみたところ、苦過ぎと感じていた豆でも、甘味や酸味や丸みが感じられるようになってきた。

本来は湯温を正確に測ればいいのだが、やはりルーティンとして毎日行うので、簡略化が必要。

タレーラン(Charles-Maurice de Talleyrand-Périgord  )のコーヒーに関する格言として有名な、

「コーヒー: 悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い。」

Café : Noir comme le diable, chaud comme l'enfer, pur comme un ange, doux comme l'amour.

今日の淹れ方では、「地獄のように熱く」は、タブーなのかも知れない。日本緑茶の玉露や高級煎茶のように。

« ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」 ベルリンフィルによる録音のいくつか | トップページ | 小澤征爾氏の逝去を悼む »

」カテゴリの記事

コーヒー・紅茶・緑茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」 ベルリンフィルによる録音のいくつか | トップページ | 小澤征爾氏の逝去を悼む »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31